「未来予想図」の創造が人を絶望の淵から救う がんの悪夢と闘い続けたつんく♂氏の思考法

印刷
A
A

医師からの言葉に対して、つんく♂氏は著書の中で、こんなふうに綴っています。

完全寛解から一気に地獄やな。
今までの検査はなんやったんやろか。
やっぱ、あの腫れはおかしかったんや。だって異常な腫れかたしてたもんな。なんで医者はそれを疑わなかったんやろうか。いや、僕がもっと自分を信じて他の病院ででも調べてもらうべきだった。
―― など、考えても仕方がないことで頭がいっぱいになる。
もう歌えないんかなぁ。
まだまだファンを喜ばせたかった。
何で、俺なんやろう。
どうして、どうして、どうして……。
とても悔しかった。

 

こうした思いを抱えながら、また奥様から帰国を促されながらも、モーニング娘。のライブだけは目に焼きつけたい気持ちが強く、つんく♂氏は現地にとどまる判断をしました。無心で歌う愛弟子たちの姿、そして盛り上がる大勢の現地ファンの様子を、万感の思いで見届けたそうです。

人への好意は、自分に返ってくる

つんく♂氏の奥様が、夫から言われて「人生観が変わった言葉」として、以下のような言葉を挙げています。

お前な、人生で絶対的に大事なのは感謝や。何があっても感謝やで。どんなことがあっても、感謝することが大切なんや。なにか失敗したり、いやなことがあっても、その出来事がすごく大事な何かを教えてくれたと感謝すべきなんやで。人は自分のすることに責任を持って、感謝をして生きていかなあかん。

 

このように肯定的な言葉を普段から使っていると、脳は「ハッピーホルモン」と呼ばれる神経伝達物質のセロトニンを分泌すると言われています。また「好意の返報性」といって、好意を受けたら好意で返したくなる性質が人間にはあるのです。

つんく♂氏の場合も、こういった「感謝の姿勢」が、奥様との強固な信頼関係に寄与したのかもしれません。そしてモーニング娘。のニューヨーク公演成功を病魔と闘うためのエンジンにし、日頃の感謝の精神を家族と生きていくためのエネルギーに変えていったものと想像できます。

毎日新聞の特集記事には、記者からの「後悔していることは?」という問いに対して、次のように答えています。

タバコ、酒、寝不足、歌い過ぎ、ステロイドの使い過ぎ、のどの調子をよくしたろうって色んな治療もやった。その何がどのくらいの割合で癌を呼び込んだのか……。
売れっ子になりたい、有名になりたい、音楽をこの世に残したい、そんな気持ちでガムシャラにきたので、あの頃の僕を止めることはできなかったと思う。でも、やっぱ健康でいられるにこしたことはないですよ。
次ページ後悔しても、否定はしない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT