Yahoo!JAPANのO2O市場No1戦略(前編)《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第7回》

O2O(オンライン・ツー・オフライン)ビジネスのプレーヤーを考えるとき、外せないのが、国内ネットサービスの巨人・Yahoo!JAPAN(ヤフー)の存在だ。Yahoo!JAPANの動向を、多くの関係者が注目している。

今、Yahoo!JAPANはO2Oビジネスで何を考えているのか。どう動いているのか。プロジェクトの責任者、村田岳彦・ヤフー地域サービス本部長に聞いた。

--Yahoo!JAPANが考える「O2O」ビジネスとは何なのでしょうか。

1996年にYahoo検索エンジンのサービスが始まり、その後流行したのがネット上の仮想商店街、Eコマースだ。15年以上経った現在、Eコマースはどれくらい成長してきたのか。Eコマースは増えているとはいっても、まだ全小売市場の10%にも満たない。主婦が晩ごはんの野菜を買うのに、Eコマースは利用しない。チラシや自分の経験で店舗を選んでいる。

社内で使っている数字でいうと、国内小売市場は、約125兆円がリアルの市場、6.7兆円がEコマース市場と見ている。Eコマース市場が少なすぎる、ネットの関与が薄すぎると考えた。すべてに関与するのは難しいとはいえ、もっとリアルの市場にネットがかかわれるのではないか。

O2Oは、ネットのサービスをオフラインのために使うという意味で考えている。今後EコマースもO2Oも両方伸びていくと考えているが、O2Oは始まったばかり。ネット企業が入り込む余地は十分にある。


村田岳彦・ヤフー地域サービス本部長

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT