Yahoo!JAPANのO2O市場No1戦略(前編)《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第7回》


--Yahoo!JAPANが目指す目標は。

約130兆円あるリアル市場のうち、O2Oの関与売り上げシェアナンバーワンを取りたい。具体的には、次のようなものを考えている。

1つは、リアル店舗からの広告宣伝費。今は、新聞折り込みチラシなどが担っている。次に、リアル店舗からの販売促進費。DM等が当てはまる。3つ目は、メーカーの販促費だ。たとえばソニーがブラビアを売り出すために払うおカネや、資生堂がマツモトキヨシに払うおカネがこれに当たる。最後は、リアル店舗での決済手数料だ。

まず、Yahoo!ロコなどで何らかの仕掛けをし、消費者に店舗を認知してもらう。その後来店をしてもらい、その際には来店履歴ログを残すようにする。商品を買ってもらい、将来的にはYahoo!ポイントを付与するようにもしたい。決済手数料もここで取れるようにしたい。

これらの流れによって、Yahoo!のクラウドに大量のデータがたまる。ビッグデータは、レコメンド、ターゲティング、認知を向上させるために活用したり、一部を実店舗にマーケティングデータとして提供したりすることも考えている。

--消費者にとってのメリットは何なのでしょうか。

今までは、リアル店舗が何を売っていて、どんなサービスを受けられるのかわからなかった。消費者の勘に頼っていた。その情報が検索ですぐ手に入れられるようになる。

店舗と消費者の関係性ができてくると、前回来店してくれた消費者にだけクーポンを渡すこともできるようになる。夕方までに入店すればビール1杯無料などのタイムサービスを受けることも可能だ。

「一見の客」と「常連の客」の中間の客とお店との関係構築に利用できる。これは消費者にとってもメリットは大きい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT