Yahoo!JAPANのO2O市場No1戦略(前編)《O2Oビジネス最前線・黎明期を迎えた新・消費革命 第7回》


--O2Oのプレーヤーとして、ソフトバンクやNTTドコモといった通信キャリアはありうるのでしょうか。

広い意味では、どの通信キャリアも100%関与してくるだろう。なぜならば、端末、スマートフォンがO2Oの主人公となるためだ。

世界標準でスマートフォンにNFC(近距離無線通信)が搭載されることが決定している。この動きをターゲットに全キャリアが動き始める。利用用途として、決済(おサイフケータイ)がある。来店チェックインがもっと簡単にできるようになる。さらに店舗のPOS端末がタブレットにだんだん置き換わっていくと考えている。

リアル店舗と消費者の両方が変わってくる。

--O2Oに向いている産業と向いていない産業は?

割引クーポンを利用した事前決済という点からは、ネイルサロンなどが向いているのでは。店舗以外でいえば、学習塾なども合っていると思う。たとえば結婚式場なんかは、高額商品なので、商品を売ってくれとまでは言われない。入口まで連れて行って、いかに見学までしてもらうか。入口まで顧客を連れて行けば、おカネを払ってもらえるケースだ。
 
 あと、大人数の飲み会など、CtoCオンライン。事前に飲み会のチケットを売って、後で集金するというモデル。飲み会シーズンになると結構な金額になるだろう。多くの分野でO2Oはフィットすると思う。

(ITアナリスト・松浦由美子 撮影:梅谷秀司 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT