トレンド発信地!タイで探る「次に来る流行」

日本で次に流行るのはどれだ?

アジアのトレンド発信地、タイで流行している商品やサービスを紹介します
今、多くの日本企業から注目を浴びる東南アジアは、人口に占める若者の割合が多い国ばかり。東南アジアでマーケティングをするということは、若者たちにモノやサービスを売る、ということと同義です。
しかし、そこに暮らす若者たちの生態や消費傾向は、中国や韓国、台湾に比べて驚くほど知られていません。そこで、「さとり世代」「マイルドヤンキー」の名付け親にして若者研究の先端をいく博報堂の原田曜平と、世界70カ国の現地在住日本人にネットワークを持つTNCの小祝誉士夫がコラボレーション。現地調査を基に各国の状況をリポートします。

 

 博報堂ブランドデザイン若者研究所は、タイのバンコクに住む10代後半から20代前半の若者たちが10名程度を現場研究員(パネル)として組織化しています。若者研ではトレンド感度の高い彼らと日々タイのトレンド研究を行ったり、タイに進出する企業の商品開発やマーケティング業務を行っています。

今回は彼らが日々収集してくれているバンコクのトレンドをご紹介したいと思います。

日本の現場研究員である早稲田大学の小林季生君がタイに同行。彼らバネルの若者たちのディスカッションに参加する形で、現地のトレンドを探ってきました。

意外に思われるかもしれませんが、タイには日本でも取り入れられそうな若者らしいトレンドが散見されます。数カ月後に日本ではやるかもしれないトレンドの数々をチェックしてみてください。

タイのトレンドアイテム(1)ガジェット、食品

iProtect
断線を防ぎつつ、コードを自分らしくデコる

アップル製品の充電コードは折れて断線することが多いですが、それを防ぐための商品がこれ。タイの若者はアップルユーザーが多く、しかも30〜60バーツ(1バーツ=3.7円)程度と安いのでヒットしています。機能性はもちろんのこと、皆と同じになりがちなコードを自分らしくデコるという意味合いも。断線対策とは関係なく、ビーズを利用してイヤホンコードや充電コードをカスタムするのも高校生などの間で流行っているそうです。

次ページオリジナリティを追求するiPhoneケース
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT