トレンド発信地!タイで探る「次に来る流行」

日本で次に流行るのはどれだ?

周囲で日本のネットゲームをやる友人は、40人のクラスで3〜4人ほど。男子には、これまた日本で大人気の『艦隊これくしょん』が人気とのことでした。40人中3〜4人はまだまだ多いとはいえませんが、『とうらぶ』も『艦これ』も日本語版しか存在しないのに一定の人気を得ていることを考えると、潜在需要はかなり多いと見てよいのではないでしょうか。タイにおける日本のオタクコンテンツニーズは、まだまだ伸びしろがあるように思います。

タイは日本より流行が早い?

いかがだったでしょうか。日本にもう存在するアイテムもいくつか混じっていますが、多くは日本の市場であまり見かけないものです。実際、自撮り棒は日本よりタイのほうが早くブレイクしました。2、3年前、まだ日本に自撮り棒が入ってきていない頃、われわれはタイで自撮り棒を見かけたのですが、恥ずかしながら当時は「ダサいものが流行ってるなあ」などと言っていたものです。その後日本で大ブレイクするなんて、夢にも思いませんでした。

なぜタイのトレンドは日本より早いのか。理由のひとつが、海外からの観光客が多いことです。

日本は1億3000万人の人口に対して年間の観光客が約1341万人(2014年/日本政府観光局)ほどですが、タイは6700万人の人口に対して約2950万人(2015年見込み/タイ観光協議会発表)も来ます。このようにして欧米ほか韓国や日本など世界各国から集まったトレンドを、感度の高いタイの若者たちが自国流にアレンジしてはやらせるのです。彼らは情報を取捨選択して自分たちのものにする能力に長けており、常に世界中のカルチャーにさらされているので目も肥えています。

また、タイの若者の間にはスマホとSNSが爆発的に普及しているため、SNS受けしやすい「見た目ではっきり差別化されている商品(充電コードのデコや観葉植物型のアイスクリームなど)」がヒットする傾向にあります。SNS拡散力が高いので、企業が若者トレンドを商品開発に反映しやすいという強みも忘れてはなりません。

国内の若者消費を増大させたい日本企業は、タイに学ぶべきところも多い気がします。たとえばテーマ型ショッピングモール。現在、日本における郊外型の大規模ショッピングモールは飽和状態で、規模追求型の出店は限界に達しています。それゆえ発想を転換し、「ロンドン」や「雪」のように、コンセプトに特化して集客を試みるのも一考ではないでしょうか。

今回紹介したアイテムの中から、「次の自撮り棒」が生まれるかもしれません。その意味では、今後の日本における若者消費を考えるうえで、タイの動向をつねにフォローしておいて損はないでしょう。

(構成:稲田豊史)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。