「馬との接し方」で、あなたの課題が分かる

日本郵便の女性管理職研修を密着ルポ

馬から何を学べるかと半信半疑だった参加者も多かったが、実際に体験するとみなびっくり。馬が教えてくれたことは多い

「馬から学ぶリーダーシップ」は、ホテルから車で数分のところにあるカナディアンキャンプ乗馬クラブが会場だ。具体的には、チームそれぞれにインストラクターと馬がつき、一人ひとりが順番に馬をブラッシングする。その後は「引き馬」だ。馬場の中で綱を引きながら、円を描くように馬と1周するのだが、事前に馬が自分の前より出たら綱を引っ張って戻すことや、歩みを止める方法、褒め方などを教わっていた。

ブラッシングと引き馬が終わったところで、研修の狙い、なぜ馬からリーダーシップを学べるかの種明かしがされる。それを受けて、参加者がそれぞれどう馬と向き合って接していたかを観察したインストラクターが、気付いたことを各人にフィードバックしていく。そして最後にもう一度、全員が引き馬をして終了となった。

参加者が驚いたのは、インストラクターによるフィードバックの内容だ。

「●●さん、ブラッシングのとき最初は勢いがありましたが、だんだん大雑把になっていきました。緊張すると若干あせりやすいのではありませんか。馬にもう少し声をかけると、自分も落ち着くし一定のリズムを保てます」

「●●さんは、ブラッシングのときに声を十分かけて状況を確認していたのがいいですね。見落としがちな足元までブラッシングしていました。慣れてくると没頭するタイプと見受けました。ただ引き馬で制止させるときに手を使っていましたが、避けるべきでした。手は褒めるために使うのがルール。馬にしてみると、制止なのか褒めているのかわからなくなるからです。あと馬を気にするあまり、前方をあまり見ていなかった。自分が進む方向をもっと確認したほうがいいですね」

「●●さん、馬が一歩出てから歩くのではなく、自分が一歩出て馬がついてくるほうが、リーダーとしてふさわしい動き出しになります。ゆっくり丁寧にやりすぎたので馬が飽き始めてしまった場面もありました。もっと自信を持って歩けば、馬の気持ちが引き締まります」

次ページたしかに「何か」に似ている!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT