「馬との接し方」で、あなたの課題が分かる

日本郵便の女性管理職研修を密着ルポ

どうだろう。馬を部下に置き換えれば、まさにリーダーとしての自分がどういう姿なのかがわかる。馬とのかかわり方を、対人関係に置き換えて考えられるのが、この研修のポイントだ。

「馬は群れを作って優れたリーダーについていくが、従うべき指示とそうでない指示を選んで行動する特性がある。リーダーであるかそうでないかは、馬には関係ないし、指令を拒否することは簡単にできる。人間の気持ちを瞬時に読み取るシックスセンス(第六感)を持っているのです」

そんなインストラクターの話に、全員が引き込まれていくーー。参加者の感想やインストラクターに聞いても、状況判断や観察力、声掛けなどのコミュニケーションより、プレッシャーを与えるなど、馬を叱ることを苦手とする人が多かった。終了後のアンケートでも、「管理職として足りなかったのは叱るべきタイミングと判断力」との声があったが、これはまさに女性管理職の多くが直面する“課題”といえるのではないか。

自分の体は自分しかケアできない

女性の新しい"はたらきかた"についての詳細は、週刊東洋経済臨時増刊「ワークアゲイン」(好評発売中)をご覧下さい

参加者は管理職として忙しい毎日を送っている。40代ともなると体に無理が利かなくなる。だからこそ、もっと自分の体を大切にしようというメッセージも、今回のプログラムには込められていた。

「ふだん男性ばかりの職場で働いている人が多いので、自分の体のことを考える余裕がないのでしょう。自分のことは自分でケアをしないといい仕事はできない。疲れたままだと頭もぼやけてくるし、ひらめきもない。自分のための時間を持つことを伝えたい」と語るのは、星野リゾート経営企画室でスパ事業を手掛ける渡邉径子氏。渡邉氏が姿勢改善プログラム、ヘルスセミナー、印象分析を担当した。

姿勢改善プログラムは、2人1組になってお互いの姿勢をチェックすることから始まった。よい姿勢とはどういうものか、どんな歩きかたを身に付けたらいいのかを実践して確認していく。「体は動かさないと筋肉が衰えていく。職場でも低稼働のところには人員も割かれないしエネルギーが足りなくなりますよね。体も同じです。低稼働の筋肉にはエネルギーが回らないのでますます衰えてしまいます」と説明しながら、ストレッチや体操を次々紹介していく渡邉氏。多くの参加者が、思いのほかハードな内容に日ごろの運動不足を痛感していた。

次ページほかにも様々な角度から学べるプログラムが。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • トランプ派メディアの実態
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。