「社員と役員の年収格差が大きい」500社

1位SANKYOは80倍!10倍以上は101社

社員と役員の年収格差が大きい会社(201~249位)
順位 社名 年収格差(倍) 従業員平均年収(万円) 従業員平均年齢(歳) 役員平均年収(万円) 取締役、執行役の合計(人)
201 日野自動車 8.1 648 36.7 5,261 13
ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス 8.1 576 50.3 4,675 4
加賀電子 8.1 755 39.1 6,125 8
コナミ 8.1 711 37.9 5,766 6
ニッパツ 8.1 693 39.9 5,614 7
村田製作所 8.1 726 39.5 5,880 5
サイバーエージェント 8.1 720 30.7 5,812 8
KG情報 8.1 363 32.9 2,928 7
209 ジェーソン 8.0 386 35.5 3,100 3
山洋電気 8.0 551 41.5 4,425 4
東レ 8.0 661 36.7 5,306 29
ミロク情報サービス 8.0 608 38.7 4,880 5
イトーキ 8.0 612 41.7 4,900 4
ハマキョウレックス 8.0 455 40.4 3,640 5
イズミ 8.0 563 39.3 4,500 6
エスクリ 8.0 410 30.5 3,275 4
ニフコ 8.0 649 41.0 5,175 4
豊田自動織機 8.0 773 38.5 6,162 16
アオイ電子 8.0 442 35.5 3,520 5
220 山田債権回収管理総合事務所 7.9 455 40.0 3,600 4
エディオン 7.9 490 40.1 3,854 11
タカタ 7.9 662 39.8 5,200 4
223 サダマツ 7.8 351 33.6 2,750 2
グランディハウス 7.8 502 36.9 3,911 9
ベルク 7.8 506 32.3 3,940 10
三井物産 7.8 1,361 42.4 10,581 11
IMV 7.8 669 41.4 5,200 2
島津製作所 7.8 770 42.4 5,985 7
229 帝国繊維 7.7 653 43.4 5,057 7
立花エレテック 7.7 715 41.7 5,525 4
TOTO 7.7 684 43.1 5,284 13
東京ガス 7.7 663 44.6 5,111 9
フォーカスシステムズ 7.7 543 35.4 4,180 5
ヨシックス 7.7 336 37.0 2,580 5
ビットアイル 7.7 600 36.9 4,600 4
日本コンセプト 7.7 493 30.7 3,775 4
レオパレス21 7.7 517 35.8 3,957 7
住友倉庫 7.7 732 36.0 5,600 6
239 アマダホールディングス 7.6 698 43.4 5,328 7
リンテック 7.6 621 40.5 4,740 10
SFPダイニング 7.6 389 34.9 2,966 3
岩谷産業 7.6 854 38.5 6,505 17
カワサキ 7.6 302 43.2 2,300 3
西菱電機 7.6 630 39.9 4,780 5
杉本商事 7.6 484 37.2 3,666 3
ヨコオ 7.6 674 40.7 5,100 3
山九 7.6 560 40.5 4,233 15
IHI 7.6 731 40.6 5,525 16
249 セコム 7.5 602 41.8 4,544 9
日本板硝子 7.5 773 43.0 5,833 3
村上開明堂 7.5 609 40.0 4,566 6
日本エンタープライズ 7.5 565 37.4 4,233 3
ブロードリーフ 7.5 552 39.6 4,133 3
日本ゼオン 7.5 717 39.8 5,366 9
ITホールディングス 7.5 776 45.9 5,800 2
サカイ引越センター 7.5 443 31.7 3,310 10
パナソニック 7.5 756 45.3 5,647 17
ロック・フィールド 7.5 458 35.0 3,416 6
やまや 7.5 409 32.8 3,050 4
年収格差は「役員平均年収を従業員平均年収で割って算出。役員平均年収は取締役と執行役の合計報酬を、取締役と執行役の合計人数で割って算出
2014年5月期~2015年4月期の有価証券報告書の従業員および役員報酬の注記
次ページ251~300位は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。