「社員と役員の年収格差が大きい」500社

1位SANKYOは80倍!10倍以上は101社

社員と役員の年収格差が大きい会社(52~99位)
順位 社名 年収格差(倍) 従業員平均年収(万円) 従業員平均年齢(歳) 役員平均年収(万円) 取締役、執行役の合計(人)
52 参天製薬 12.8 794 42.0 10,200 2
53 ピーエイ 12.7 363 35.0 4,600 1
54 ピエトロ 12.5 428 35.8 5,350 4
55 金下建設 12.4 549 47.3 6,816 6
56 藤商事 12.3 680 37.4 8,357 7
小糸製作所 12.3 656 41.8 8,058 12
ディー・エヌ・エー 12.3 751 32.0 9,200 5
59 アートネイチャー 12.1 421 38.4 5,087 8
60 クオール 12.0 473 33.9 5,690 10
スズキ 12.0 626 39.0 7,528 7
ファナック 12.0 1,276 43.7 15,270 17
63 ハピネット 11.9 571 37.9 6,814 7
日東電工 11.9 763 39.2 9,050 6
65 オムロン 11.8 808 42.7 9,500 6
66 大東建託 11.7 926 41.7 10,825 8
新日鐵住金 11.7 620 39.3 7,228 14
68 カプコン 11.6 555 36.1 6,457 7
アパマンショップホールディングス 11.6 531 37.1 6,166 3
70 東京エレクトロン 11.5 807 42.2 9,266 9
71 イントランス 11.4 587 39.9 6,700 1
72 エフティグループ 11.3 511 31.6 5,783 6
73 クリエイトSDホールディングス 11.2 318 51.0 3,575 8
クラウディア 11.2 522 36.8 5,850 4
ダイヤモンドダイニング 11.2 453 33.8 5,066 3
昭和シェル石油 11.2 940 44.1 10,500 3
大同メタル工業 11.2 611 37.2 6,820 5
三菱重工業 11.2 802 38.9 8,950 14
79 プロスペクト 11.1 763 44.9 8,450 2
80 東祥 11.0 385 26.3 4,244 9
81 ヤマダ電機 10.9 421 34.5 4,581 16
82 コカ・コーライーストジャパン 10.8 717 42.8 7,714 7
83 TDK 10.6 790 43.0 8,375 4
84 日華化学 10.5 563 40.8 5,916 6
北の達人コーポレーション 10.5 372 28.6 3,900 3
86 富士重工業 10.4 643 38.3 6,714 7
ミネベア 10.4 661 43.5 6,900 7
88 フィールズ 10.3 651 35.5 6,725 12
アデランス 10.3 520 43.4 5,360 5
JKホールディングス 10.3 524 43.2 5,400 3
共立メンテナンス 10.3 380 44.9 3,915 13
東理ホールディングス 10.3 497 44.4 5,120 5
コーエーテクモホールディングス 10.3 757 37.9 7,783 6
94 リンナイ 10.2 605 36.0 6,183 6
95 日清食品ホールディングス 10.1 810 38.6 8,188 9
IDEC 10.1 621 42.8 6,266 3
東建コーポレーション 10.1 598 40.4 6,028 7
ドワンゴ 10.1 581 32.6 5,850 4
99 第一興商 10.0 634 39.5 6,341 12
大研医器 10.0 623 38.6 6,225 4
クレハ 10.0 705 42.4 7,025 4
年収格差は「役員平均年収を従業員平均年収で割って算出。役員平均年収は取締役と執行役の合計報酬を、取締役と執行役の合計人数で割って算出
2014年5月期~2015年4月期の有価証券報告書の従業員および役員報酬の注記
次ページ101~150位は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 東京「夢見る女子」の生態
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。