なぜグーグルは「アルファベット」になるのか

過去の成功が革新の邪魔になっていた

グーグルは8月10日、大規模な経営組織再編を明らかにした。持ち株会社「アルファベット(Alphabet)」を新たに設立し、その傘下にドライバーレスカー事業などのベンチャー事業をぶら下げ、広告事業を軸とするグーグル(ユーチューブを含む)と並列な関係にするというものだ。

サンダー・ピチャイ氏がグーグルCEOに就任する(写真:REUTERS/Albert Gea)

共同創業者であるラリー・ペイジ最高経営責任者(CEO)は持ち株会社ともいえるこの新会社のCEOになる。同時に、グループ内で最大事業部門となるグーグルのCEOには上級副社長であるサンダー・ピチャイ氏が就任する。つまり今のグーグルのほとんどの部分はピチャイ氏が経営することになる。

また、グーグル共同創業者のセルゲイ・ブリン氏がアルファベットの社長、グーグル会長のエリック・シュミット氏がアルファベットの会長となる。現経営陣の多くはアルファベットの経営陣にシフトし、グーグルに対しては株主としての関与をする関係になる。

この大胆な改革を受けて筆者が感じたのは、「将来にわたって革新的な企業であり続ける」という、強烈なメッセージだ。

社名に込められた意味とは?

まず、社名に込められたメッセージを考えてみたい。

新会社の社名である「アルファベット」を「アルファ」と「ベット」に分解してみる。アルファには「投資における運用者の技量による利益」、ベットは「賭ける」という意味がある。これは成長投資を行う革新的な会社であることをウォールストリートの住人に想像させるものだろう。

さらにアルファベット順に社名を並べた場合、Alphabetはアマゾン(Amazon)やアップル(Apple)よりも前に飛び出す。西海岸のグローバル企業の中で先頭を走っていくという意味も込めているのではないか。

なぜ「アクティブな投資を行う」「先頭に飛び出す」という意味を想像させるような社名にしたのか。

それを知るためには近年のグーグルの"苦境"を振り返る必要がある。彼らの本業(検索機能を中心とした広告ビジネス、および検索用の巨大データセンター群を持つことから生み出したクラウドを活用した事業)は、これから5年、10年と順調に拡大していくシナリオを描きにくくなっていた。なぜだろうか。

次ページなぜ成長シナリオを描きにくくなっていたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。