「下剋上受験」から親の寄り添う姿勢を学ぼう

父と娘が最難関校を目指す過程で得たもの

桜井氏の死闘ぶりは本を読んでいただくとして、まさに壮絶無比です。河川の大工事では、無事を祈願して人柱を立てるそうですが、それに例えて家系改造の人柱になろうとしました。理科の勉強で二酸化マンガンに過酸化水素を加えると、世界中で一番必要とされる酸素と水になることを学びます。

触媒の二酸化マンガンは無名のままだが、それでもいい。娘がエリートになるために、自分は二酸化マンガンになろうとしました。「中卒にも、使い道があるじゃないか」「私は触媒になる」。父親の家系改造計画への執念が、実ったとみるべきでしょうか。

「桜蔭に合格するためなら、頑張る」

この場合の人柱や触媒がいくら立派でも、それはあくまでわき役です。主役の佳織さんがとても努力型で素直だったのも、成功(桜蔭は失敗しましたが、この受験勉強は間違いなく成功です)の原動力でした。1日7時間から13時間の親子勉強でしたが、「注意力が弱く忘れっぽい性格」の佳織さんに、結果はなかなか出ません。

しかし、彼女はめったにめげないのです。親から見て馬鹿に見えるほど、9割の誤答率が続いても、あきらめるという発想がない子供さんでした。父親が途方にくれても、彼女は「桜蔭に合格するためなら、頑張る」と、黙々と努力を続けました。それでも父娘で絶望しかけるときがあります。そんなときは、「父さんはあきらめるわけにはいかない。おまえが安い給料の旦那さんと、日々ケンカしながら洗濯している姿が目に浮かぶと、あきらめられない」と、涙して伝えます。まさに二人三脚の受験でした。

氏は、「娘を今しかってでも、たたいてでも、将来、笑顔で暮らす娘を見たい。でも、こんなにかわいい娘に、そんなことできない。だから頼むしかない。あきらめずに頑張ろうと頼むしかない」、そのようなことを素直に佳織さんに伝えています。その時佳織さんは返事をしなくとも、翌日からはまた、頑張ったのだそうです。中卒の父親が作った最難関校への受験作戦を信じて、睡魔と闘いながら頑張った佳織さんを動かしたものは、何だったでしょう。

それは寿命が20年縮まってもよいと覚悟して、精神安定剤漬けになりながらも(この事実を、佳織さんは知りません)、自分を中卒の家系から抜け出させようとした、父親の強い熱意と愛情だと思います。

受験勉強中は一切の冠婚葬祭も辞し、さほど賢くない子が父親と毎日勉強する家族は、学校からも町内からも仲間外れの対象でした。佳織さんの母親さえ、終始否定的でした。そんな環境での1年5カ月の間、1日も休みのない受験勉強でした。受験のプロに頼らなかった故のミスも、直前になって露呈し、焦りました。それでも受験前日、佳織さんは最後の問題を解き終えると机に突っ伏し、顔を上げると、「結構、楽しかったね」と言ったのです。

次ページ父親が学んだこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。