私が「受験競争」を子どもたちに勧める理由

精神科医から見た「建設的な競争」

(写真:msv / PIXTA)
昨今、「他人と自分を比べるべきではない」という考え方が人気を集めている。子どもの運動会で順位をつけないというのもひとつだ。しかし、そうした風潮に精神科医の和田秀樹氏は疑問を投げかける。他人との差異を知り、傷つくことを極端に避けることが、本当に幸せにつながるのか? 前回記事に続き、この問題について考えていく。
※前回記事:他人と比べない生き方」では幸せになれない

自己愛を満たすことの重要性

前回記事では、いろいろな競争の方向性を用意して、勝つ体験をさせる、あるいは、勝つ体験をすることは非常に重要だという話をした。人と比べることは人間の基本的な性のようなものであり、そうしたほうが、その後の健全な自信につながるからだ。

しかし、もうひとつの壁になるものがある。精神分析でいうところの自己愛である。

前回記事で紹介した精神分析学者のコフートは、自己愛というのは、他人を通じてしか満たされないと論じた。要するに、自己満足ではダメで、人に認められないと自己愛が満たされないということである。

人に認められなくても「俺は天才だ」「俺はすごい」と思っている自信家の人はいるが、どこか虚勢を張っているように見えるし、実際の業績がない限り、周囲から見ても、健全な自信には見えない。

もちろん、その手の自信でも、自分の天才を信じてチャレンジを続けていれば、最終的には成功につながるかもしれないし、自信が持てなくて、引っ込み思案になるよりいいかもしれない。

しかし、例えば子どもの世界でも、「勉強しないからできない」「やればできる」と一見、自信のあるようなことを言いながら、やってもできなければ自分がみじめになるからと(これが意識できていないことも多いのだが)、勉強をやらないままで、「やればできる」と言い続けたり、信じ続けたりする人も少なくない。

次ページ「勝てる」「食える」を知る必要がある
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。