脱パワポ!ここぞのときに使う「強い英語」

60日集中特訓!ビジネス英語術 第29回

ここぞ!というときに使う思い切って使ってみましょう!(den-sen/PIXTA)

会議でどうしても相手に伝えたい大事なポイントがあるときに、どのような表現を使っていますか?日本人は大事なところをパワポ上では強調して見せるのは得意ですが、きちんと言葉で強調しなくては相手には伝わりません。今日はそんな強調したいときの表現を勉強しましょう。

ここぞ!というときに使える表現

The point is how we can get out of this standoff.
重要な点はどうやってこの行き詰まり状態から抜け出すかということです。

The point is ~「重要な点は~です」はとても便利な表現です。さらに強調して「もっとも重要な点は~です」と言いたいときは、The crucial point is~を使います。

The crucial point is increasing sales and profits.
もっとも重要な点は売上高と利益を伸ばすことです。

crucial「決定的な・必須の・命にかかわる」はimportantよりも差し迫ったextremely importantという感じがありますね。語源がラテン語のcrux(十字架)ですので、危機感を表しているとも言われています。

Winning this contract is crucial to the success of our company.
この契約を取ることは我が社の成功に不可欠です。

このほかにも、強調したいときに使える表現があります。

I'd like to emphasize the point that we shouldn’t build a factory in China.
強調したいのは中国には工場を建設すべきではないということです。
What I want to say is setting prices is very important.
私が言いたいことは価格設定が大事だということです。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。