脱パワポ!ここぞのときに使う「強い英語」

60日集中特訓!ビジネス英語術 第29回

ここぞ!というときに使う思い切って使ってみましょう!(den-sen/PIXTA)

会議でどうしても相手に伝えたい大事なポイントがあるときに、どのような表現を使っていますか?日本人は大事なところをパワポ上では強調して見せるのは得意ですが、きちんと言葉で強調しなくては相手には伝わりません。今日はそんな強調したいときの表現を勉強しましょう。

ここぞ!というときに使える表現

The point is how we can get out of this standoff.
重要な点はどうやってこの行き詰まり状態から抜け出すかということです。

The point is ~「重要な点は~です」はとても便利な表現です。さらに強調して「もっとも重要な点は~です」と言いたいときは、The crucial point is~を使います。

The crucial point is increasing sales and profits.
もっとも重要な点は売上高と利益を伸ばすことです。

crucial「決定的な・必須の・命にかかわる」はimportantよりも差し迫ったextremely importantという感じがありますね。語源がラテン語のcrux(十字架)ですので、危機感を表しているとも言われています。

Winning this contract is crucial to the success of our company.
この契約を取ることは我が社の成功に不可欠です。

このほかにも、強調したいときに使える表現があります。

I'd like to emphasize the point that we shouldn’t build a factory in China.
強調したいのは中国には工場を建設すべきではないということです。
What I want to say is setting prices is very important.
私が言いたいことは価格設定が大事だということです。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT