平行線の交渉にケリをつけるとどめの英語

60日集中特訓!ビジネス英語術 第30回

ときには妥協も必要です!(Rawpixel/Reuters)

会議では妥協策を見出さなくてはならないことが多々起きます。投げやりにならず、モチベーションを落とさないような表現が望ましいです。今日はそんなときに使えるフレーズを勉強しましょう。

妥協する場面は意外と多い

We should somehow try to make efforts to find a compromise.
なんとか妥協案を見つけるようにした方が良いです。

compromise は動詞「妥協する・折り合う・屈服する」名詞「妥協・歩み寄り・妥協案」の両方が使えます。日本人的な表現に思えますが、ビジネスではとてもよく使います。

Through a long negotiation we were able to reach a compromise.
長い交渉を通じて私達は妥協案を見つけだす事が出来ました。
 
I will not compromise. 
絶対に妥協しません。

そのほか、compromiseを使った表現をご紹介しましょう。

Even if we accept the plan A, we must ask you to compromise with the plan B.
プランAについても理解はできるが、それでもプランBを受け入れて欲しい

Don’t we have any room for compromise?
歩み寄る余地はないのでしょうか。

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT