今はやりの「ラップ口座」はココが全然ダメ

日本人は投資商品へのコスト意識が低すぎる

ラップ口座はとても便利。だが意外な落とし穴がある(teresa/PIXTA)

このところ、個人向け投資サービスで急速に残高を伸ばしているものがあります。「ラップ口座」がそれです。ラップ口座とは、個人が証券会社や信託銀行と契約を結び、おおまかな運用方針やリスク許容度などを伝えると、それに応じたポートフォリオを構築。その後も運用環境の変化に応じて適時、ポートフォリオの見直しを行ってくれるというサービスです。

かつては富裕層向けのサービスとしてスタートしましたが、最近は徐々にハードルが下がり、退職金運用などにも利用できるようになりました。人気のラップ口座を、草食投資隊の3人はどう考えているのでしょうか。

2007年よりも前からあった「ラップ口座」

中野 お久しぶりです。

渋澤 このところ地方遠征が多くて、なかなか時間が取れず、結果的に前回から少し時間が空いてしまいました。

藤野私はそろそろ地方出張の回数を減らして、今まで以上に運用に専念しようと考えています。

中野 でも、この間に草食投資隊としては、3社そろい踏みの「R&Iファンド大賞受賞」という喜ばしい話もあり。

渋澤 その件については次回以降、このコーナーで詳しくお話しましょう。

藤野 で、今回のお題は?

中野 「今流行のラップ口座の問題点を洗い出してください」というオーダーが来ております。

渋澤 ラップ口座って、最近になってよく聞きますね。でも、このサービスって、最近始まったものではありませんよね。

次ページ証券会社も新たな収益源が必要だった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。