今はやりの「ラップ口座」はココが全然ダメ

日本人は投資商品へのコスト意識が低すぎる

ラップ口座はとても便利。だが意外な落とし穴がある(teresa/PIXTA)

このところ、個人向け投資サービスで急速に残高を伸ばしているものがあります。「ラップ口座」がそれです。ラップ口座とは、個人が証券会社や信託銀行と契約を結び、おおまかな運用方針やリスク許容度などを伝えると、それに応じたポートフォリオを構築。その後も運用環境の変化に応じて適時、ポートフォリオの見直しを行ってくれるというサービスです。

かつては富裕層向けのサービスとしてスタートしましたが、最近は徐々にハードルが下がり、退職金運用などにも利用できるようになりました。人気のラップ口座を、草食投資隊の3人はどう考えているのでしょうか。

2007年よりも前からあった「ラップ口座」

中野 お久しぶりです。

渋澤 このところ地方遠征が多くて、なかなか時間が取れず、結果的に前回から少し時間が空いてしまいました。

藤野私はそろそろ地方出張の回数を減らして、今まで以上に運用に専念しようと考えています。

中野 でも、この間に草食投資隊としては、3社そろい踏みの「R&Iファンド大賞受賞」という喜ばしい話もあり。

渋澤 その件については次回以降、このコーナーで詳しくお話しましょう。

藤野 で、今回のお題は?

中野 「今流行のラップ口座の問題点を洗い出してください」というオーダーが来ております。

渋澤 ラップ口座って、最近になってよく聞きますね。でも、このサービスって、最近始まったものではありませんよね。

次ページ証券会社も新たな収益源が必要だった
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。