数学嫌いが「一瞬で得意科目になる」勉強のコツ 経験を積み重ねると「ある能力」が伸びるように

✎ 1〜 ✎ 126 ✎ 127 ✎ 128 ✎ 129
著者フォロー
ブックマーク

記事をマイページに保存
できます。
無料会員登録はこちら
はこちら

印刷ページの表示はログインが必要です。

無料会員登録はこちら

はこちら

縮小
西岡壱誠 東大 算数 数学
(漫画:©︎三田紀房/コルク)
記憶力や論理的思考力・説明力、抽象的な思考能力など、「頭がいい」といわれる人の特徴になるような能力というのは、先天的に決められている部分があり、後天的に獲得している能力は少ないと考える人が多いのではないでしょうか。
その考えを否定するのが、偏差値35から東大合格を果たした西岡壱誠氏です。漫画『ドラゴン桜2』(講談社)編集担当の西岡氏は、小学校、中学校では成績が振るわず、高校入学時に東大に合格するなんて誰も思っていなかったような人が、一念発起して勉強し、偏差値を一気に上げて合格するという「リアルドラゴン桜」な実例を集めて全国いろんな学校に教育実践を行う「チームドラゴン桜」を作っています。
そこで集まった知見を基に、後天的に身につけられる「東大に合格できるくらい頭をよくするテクニック」を伝授するこの連載(毎週火曜日配信)。第126回は『「数字のセンス」と「地頭力」がいっきに身につく 東大算数』を上梓した西岡氏が、数学や算数嫌いでも、一瞬で好きになるコツについてお話しします。

東大生に聞いて見えた「数学が得意」な人の能力

「数字のセンス」と「地頭力」がいっきに身につく 東大算数: 「数字のセンス」と「地頭力」がいっきに身につく
『「数字のセンス」と「地頭力」がいっきに身につく 東大算数』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

算数・数学が得意な人は、そうでない人と比べると、どのような能力が優れているのでしょうか?

僕は東大に合格した人たちから話を聞きながら、この問いの答えをずっと探してきました。

東大は文系であっても、数学が得意な人たちが多く学ぶ大学です。文系なのに「数学がいちばん得意だ」と語る人も多いほどです。

そんな東大生たちから話を聞く中で、1つ見えてきたことがあります。それは、東大に合格するほど数学ができる人たちはみんな、「補助線」を考える能力が高い、ということです。

このことについて、『ドラゴン桜』の漫画の中で触れられているワンシーンがあります。まずはその箇所を読んでみましょう。

※外部配信先では漫画を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事