対話の現場/言葉の意味を共有して対話的協働を実現する

対話の現場/言葉の意味を共有して対話的協働を実現する

北川達夫 日本教育大学院大学客員教授

どうしました? 初老の整骨師が尋ねた。

「急に背中のこのあたりが痛くなりまして……」

私は痛みで脂汗を流しつつ、背中をなでさすりながら言った。

整骨師はいちべつして言った。

「ああ、そこは『背中』ではなくて、普通は『腰』といいますね」

神奈川県の小学校に、先生たちとの研究協議のために訪れていたときのことだ。急な「背中痛」に襲われた。立っていることも座っていることもできないほどの、激しい痛みだった。おかげで、生まれて初めて小学校の保健室のベッドに横たわることができたのだが、このままでは動きが取れない。そこで、小学校の近所の整骨院に行き、冒頭のやり取りとなったわけだ。

ここは背中か? それとも腰か? 部位によっては境界があいまいである。整骨院での治療の後、小学校の先生たちに聞いてみたら、8割が「背中」、2割が「腰」とのこと。整骨師は「普通は腰」と言っていたが、この小学校においては「普通は背中」だったのである(多数決で決めるようなことではないが)。

こういった事例に遭遇するたびに、特定の言葉の指し示す内容が、人によって少しずつ異なることを実感する。背中か? 腰か? その境界があいまいなあたりについて、いま読者の皆さんが思い浮かべている部位も、人によって異なるはずだ。

専門的には厳密な定義があるのかもしれない。だが、専門外の人間にとっては、自分が背中だと思っているところが背中であり、腰だと思っているところが腰である。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT