"勝つアスリート"の卓越した「思考の整理」

日本選手権で活躍した選手たちの「頭の中」

勝者の影には必ず敗者がいる。多くの敗れ去った者たちのなかで、最も印象的なコメントを残したのが男子5000mに出場した大迫傑(NikeORPJT)だ。

敗れても大迫の表情がスッキリしていたワケ

大迫と村山紘太(旭化成)の対決は見応え十分で、勝負は最後の直線までもつれこんだ。ラスト1周で大迫が先に仕掛けたものの、残り50mで今季イケイケの村山に逆転されて、0.50秒差の2位(13分37秒72)に終わった。

大迫は昨年まで日本選手権10000mで3年連続の2位。いずれもラスト勝負で佐藤悠基(日清食品グループ)に僅差で敗れている。4年前は、負けて悔しさをあらわにしたが、今回は冷静だった。調子を崩していたこともあり、いまの自分が目指すべき“結果”をしっかりと確保したからだ。

「3位以内という最低目標は達成できましたし、狙うレースはできたので、そこは良かった。まだ世界陸上の標準記録を切っていないので、期限までに突破したいと思います」

優勝した村山紘太はすでに標準記録を突破しているため、世界陸上の代表が内定した。2位に入った大迫も、期限である8月2日までに標準記録(13分23秒00)をクリアすれば、日本代表に選ばれる可能性は十分にある。

大迫は昨年から米国に拠点を移して、世界トップのクラブチームである『ナイキ・オレゴン・プロジェクト』でトレーニングを開始した。1年間在籍した日清食品グループを退社して、春からはプロランナーとして勝負している。米国の武者修行でスピードを磨いてきたが、現時点では明確な成果が出ているとはいえない状況だ。それでも本人はポジティブにとらえている。

「1年前と比べて、違う力を発揮できたかどうかは分かりません。自分がどうすれば勝てるかは模索中で、周囲からいろいろ言われますけど、決めるのは僕自身。変化していくのも僕自身。米国で練習をするようになって、まだ大きな変化はないかもしれませんが、2~3年後には自分が先に行っているという気持ちで練習しています」

目先の結果か、それとも数年後の大きな結果か。大迫のチャレンジを評価するのはもう少し後にすべきだろう。 

スポーツの世界ではライバルとの名勝負がクローズアップされる。しかし、アスリートにとって、“本当のライバル”は、どんなときでも自分自身だ。ビジネスの世界でも、それは変わらない。まずは頭のなかを整理して、自分が何をするべきなのか。クリアにしたうえで戦うことが、「結果」につながるはずだ。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT