予想外にマラソンで開花する人「5つの資質」

非スポーツエリートこそ有望?

(写真:わたなべ りょう / PIXTA)

絶対にありえへん。そう思っていたことが自分の身に起こる場合がある。そう、学生時代にはまったく想像していなかったことが……。

社会的なことは別にしても、自分自身の変化に驚いている人もいるだろう。たとえば、体重の増加。気がつけば、20歳の頃と比べて10kg増という方は少なくない。10kgならまだいいけど、女性なら20kg、男性なら30kgぐらい増えると、もう“別人”になってしまう。

体脂肪の増加は程度の差こそあるものの、ある意味自然な現象だ。では、その反対はどうだろうか。痩せるのではなく、筋力アップの方だ。

ダウンタウンの松本人志さんは筋トレの成果で、プロレスラーのような上半身をしている。おそらく、20歳の松ちゃんが、51歳現在の自分のカラダを見たら、「そんなアホな。ありえへん!」と大爆笑するだろう(笑)。

松ちゃんの筋トレと同じように、「絶対にムリ!」と思っている人ほど、一度ハマったら、とことんのめり込んでしまうのが“マラソン”だ。ダイエットなどが目的で始めたランニングが、いつしか趣味の域を超えて、かなり本気になってしまう。今回はその理由を探ってみたい。

周囲の本気ランナーを見て気づいたこと

マラソンに夢中な人には共通点があると思っている。才能、性格、行動など、それがよく表れているのが、下記の5つの要素だ。あなたはいくつ該当するだろうか?

□どちらかというと徒競走は速くなかった
□スポーツに熱中した時期があまりない(もしくは不完全燃焼だった)
□負けず嫌いな方だ
□自分のことが好き(な方)だ
□SNSの投稿が活発である

 

次ページ不完全燃焼組が意外と有望
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT