イノベーションの魔法は多様な人材から生まれる--アーンスト・アンド・ヤング会長兼CEO ジェームス・ターリー

イノベーションの魔法は多様な人材から生まれる--アーンスト・アンド・ヤング会長兼CEO ジェームス・ターリー

乱調が続く世界経済。その中では戦略の巧拙が企業の生き残りを分ける。世界140カ国に拠点を持ち、戦略的助言を企業や政府に与えてきた、大手国際会計事務所アーンスト・アンド・ヤング(E&Y)は、リーマンショック以降も成長を享受してきた。その戦略と世界観から日本が学ぶことは少なくない。来日したジェームス・ターリー会長兼CEOに話を聞いた。

──今、世界で起こっている構造変化をどうとらえていますか。

大きく三つのトレンドがあります。一つ目はキャピタル(資本)のシフト。西から東、北から南、先進国から新興国へという流れです。

二つ目は人口構成の変化。世界の労働力構成が多様化してくる。日本と欧州は高齢化社会。中東やインド、アフリカは若い世代が多い。中国と北米はその真ん中に位置します。

三つ目は新たなイノベーション。すべてのセクターで変化が起こる。それを育む大舞台は新興市場です。

──そのグローバルトレンドを踏まえた、E&Yとしての戦略は。

世界経済のパワーシフトを理解しながら、組織全体を変えていきます。そのうえで重要な戦略とはグローバルインテグレーション。E&Yは最もグローバルに統合された会計事務所です。そもそもグローバルなマインドセットと文化があったからこそ、それが実現できた。これにより、グローバルに一貫したサービス提供が促進され、監査サービス全体の品質が高まるため各国規制当局もグローバル統合を歓迎している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?