イノベーションの魔法は多様な人材から生まれる--アーンスト・アンド・ヤング会長兼CEO ジェームス・ターリー

──世界経済の成長エンジンである新興国への戦略的アプローチは?

まず、投資を継続すること。特に人材に対して積極投資しています。そして、新興国市場そのものが経済発展のための改革をうまく運べるよう、支援をしていくことです。

多くの新興国を見ると国有企業が主役であり、改革や変革時には国有企業が民営化されます。その際に必ず余剰人員が出るので、それをうまくオフセットできるような雇用創出が必要になる。そのため海外からの直接投資をいかに効率的に導入するか、ローカル起業家をどう発展させるか、アドバイスしてきました。

さらに、最も重要なステップは、新興国市場がグローバルな基準をきちんと取り入れられるようサポートすることです。この場合の国際基準とはたとえば、企業のガバナンスや透明性を高めるという側面や、会計や財務報告についてなどです。

こうしたことにコミットし、支援を続けてきた結果、現在の新興国市場シェアを確保できたのです。現在、国際会計事務所としては、インドやロシアで1位。中東でも他社を大きく引き離してトップの座に位置します。中国とブラジルでは2位ですが、急速に成長しています。

企業家精神こそが成長を促す

--日本は現在、東日本大震災や構造的な要因によって経済成長が行き詰まっています。活力を取り戻すための方策は何でしょうか。

確かに日本は、円高という難しい局面もあり低成長が続いています。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。