イノベーションの魔法は多様な人材から生まれる--アーンスト・アンド・ヤング会長兼CEO ジェームス・ターリー

打開策としては、まず本腰でグローバリゼーションを受け入れることです。日本企業は新興国市場に参入し、成長を一緒に享受していけるすばらしい機会を生かすべきです。

第二にはアントレプレナーシップをきちんと評価し成長を促すべき。アントレプレナーシップとは、ベンチャー企業やスタートアップ企業だけを意味するのでなく、大企業がイノベーションを実施するうえでも重要です。これをイントラプレナーと呼びますが、大企業の内部に向けても働きかけていくことが必要です。

イノベーションにはリスクが伴うことを企業文化としてきちんと理解することが不可欠。失敗に対して過度に罰を与えないという姿勢が重要です。失敗したとしても決してタイミングを失うことはない。米シリコンバレーでは昨日失敗した人が明日新たな別会社を立ち上げて成功する、とよくいわれます。

第三には人材の多様性を受け入れることです。これはインクルーシブな、受容性の高いカルチャーということにつながってくると思います。

イノベーションが起きるのは、バックグラウンドも考え方も違う人たちが集まってアイデアを持ち寄ったときだと思います。そのアイデアをちゃんと受け入れ、取り込めるカルチャーがあれば、魔法が起きるというか、想定以上のすばらしいイノベーションが生まれるのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。