イノベーションの魔法は多様な人材から生まれる--アーンスト・アンド・ヤング会長兼CEO ジェームス・ターリー

打開策としては、まず本腰でグローバリゼーションを受け入れることです。日本企業は新興国市場に参入し、成長を一緒に享受していけるすばらしい機会を生かすべきです。

第二にはアントレプレナーシップをきちんと評価し成長を促すべき。アントレプレナーシップとは、ベンチャー企業やスタートアップ企業だけを意味するのでなく、大企業がイノベーションを実施するうえでも重要です。これをイントラプレナーと呼びますが、大企業の内部に向けても働きかけていくことが必要です。

イノベーションにはリスクが伴うことを企業文化としてきちんと理解することが不可欠。失敗に対して過度に罰を与えないという姿勢が重要です。失敗したとしても決してタイミングを失うことはない。米シリコンバレーでは昨日失敗した人が明日新たな別会社を立ち上げて成功する、とよくいわれます。

第三には人材の多様性を受け入れることです。これはインクルーシブな、受容性の高いカルチャーということにつながってくると思います。

イノベーションが起きるのは、バックグラウンドも考え方も違う人たちが集まってアイデアを持ち寄ったときだと思います。そのアイデアをちゃんと受け入れ、取り込めるカルチャーがあれば、魔法が起きるというか、想定以上のすばらしいイノベーションが生まれるのです。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。