イラン大統領の事故死が中東情勢にもたらすもの 事故陰謀説、中東の武装勢力への支援、国内経済…

✎ 1〜 ✎ 21 ✎ 22 ✎ 23 ✎ 24
拡大
縮小
イラン大統領などの要人の事故死を追悼するイラン・テヘラン市民(写真・共同)

2024年5月19日、イランのイブラヒム・ライーシ大統領などが登場したヘリコプターが、イラン北西部の東アゼルバイジャン州でのダム併用開会式典参加後に墜落・死亡した。

搭乗者は、イブラヒム・ライーシ・イラン大統領、ホセイン・アミール・アブドラヒアン外相、マーリク・ラフマティ・東アゼルバイジャン州知事、アヤトラ・アリ・アル=ハーシム氏(同州最高指導者ハメネイ師代表者、イランの最高指導者を選出するムジュタヒド88名から構成される指導者選出専門家会議メンバー、タブリーズ市金曜礼拝のイマーム)。

次期最高指導者の事故死

ライーシ大統領は、85歳と高齢のイラン法学者統治の最高指導者ハメネイ師の最有力後継者だった。アブドラヒアン外相は次期大統領最有力候補で、レバノンのヒズボラ指導者ハサン・ナスラッラやイエメンのフーシ派や核条約の交渉やサウジアラビア王国の国交回復交渉など、重要な会議に参加していた。

このヘリコプター事故で亡くなったイラン大統領と外相は、イラン外交や地域紛争の激化、沈静化、パレスチナ問題の成り行きをコントロールする重要人物だった。

この2人の死亡は、イランにとっては2020年にアメリカ軍がイラン・イスラム革命防衛隊のガセム・ソレイマニ司令官を殺害して以降の最も大きな損失だ。

イラン憲法では現職の大統領が死亡した場合、第1副大統領が最高指導者の同意を得て50日間職務を代行し、その間に大統領選を実施することになっている。

これに基づき、ムハンマド・モフベル第1副大統領がイラン大統領代行に任命され、ハメネイ師が2024年6月28日の選挙実施を指示した。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT