TOEIC800点超の若手社員に足りない決定的要素 英語力があっても仕事ができるとは限らない

拡大
縮小
経験に乏しい若手社員ほど、英語を使う未知の仕事には不安を覚えやすい。写真と本文は直接関係ありません(撮影:今井康一)

「豊田さんの英語ってわかりやすいですねー!」

ちょっとニヤニヤしながら話す受講生に対して、思わず「こら!今、ちょっとバカにしただろ」と返してしまいましたが、以前、私がシンガポールで実施した海外研修に参加した20代後半の男性から、そんなふうに言われたことを思い出します。

もちろん言われて嫌な気持ちは何もなくて、彼が言いたかったことは、そんなシンプルで簡単な言い方でも伝わるんですね、ということ。

その人は学生時代から英語の勉強が好きで、TOEICのスコアは900点以上。海外経験はまったくなく、当時の海外研修が初海外でした。そして研修初日に彼が宣言をした「研修で達成したいこと」は、「不安症を克服したい」というものでした。

自分の英語は通用するのか

彼は私よりも高いTOEICスコアを持っていましたが、外国人とうまく話せるだろうか? 自分の英語は通用するだろうか? 外国人とコミュニケーションを取りながら研修で成果を上げられるだろうか? といった不安でいっぱいでした。

シンガポールでの研修初日もそうでしたが、日本で実施した事前研修でも「不安しかありません」と話していました。

でも海外研修が始まった後、私がシンガポール人と話している英語を聞いて、シンガポール人の英語は少し聞き取りにくかったけど、私の英語は全部わかったと言ってくれました。それは彼にとって安心材料にもなったようです(おそらく自分のほうが英語がうまいと思ったのでしょう)。

次ページ中国人やタイ人、フランス人も不安
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT