「始動 Next Innovator」は日本を変えるか 次世代イノベーションを起こす仕掛けとは

印刷
A
A
<トヨタの生産技術部門を経て独立したデジタルコラボレーションズの石井達久氏>

日本の製造業のIT活用は、諸外国の技術・サービスにあわせることで進んで来たため、かえって日本らしいものづくりの仕事の仕組みが失われています。

製品の3DCAD、PLM(製品ライフサイクル管理)、ERP(資源管理計画)などの表層的なデータを管理するのでなく、製品開発やトヨタ生産方式などの基本的な理念の考え方の実践に貢献するIT活用が必要です。設計、生産の現場で人と人のコミュニケーションを充実し、お互いの知見を統合する、日本の製造業の競争力向上のためのIT活用を実現するためにプログラムに応募しました。

<小型赤外線センサ機器を開発するベンチャーTakumiVisionの片桐一樹氏>

当社は大学発ベンチャーであり、研究開発を主体に事業を行っています。しかし、研究開発型であるがゆえに、用途開発を見据えたビジネス展開は不得手です。これを製品開発型に変革するために、誰の役に立つのか、製品の優位性はあるか、市場規模はどうかといった点を体系的に考え、実行する必要があります。今回のプログラムを通じ、起業家としてのスキルとマインドを習得し、世界に通じるベンチャーを作りたいと思います。

グローバルな架け橋への第一歩

懇談会であいさつするクオンタムリープの出井伸之代表取締役ファウンダー&CEO

活力ある日本経済を築くためには、既存プレーヤーの設備投資や生産性の向上だけでは不十分です。まったく新しいビジネスモデルや先端的な技術で市場に参入し、経済社会や産業構造全体に大きなインパクトを与える、ダイナミックなベンチャーと新事業を連続的に生み出していくことが必要となっています。このため、意欲ある人材や企業と、シリコンバレーをはじめとする世界の先端地域を「架け橋」でつなぐことで、「ベンチャー創造の好循環」を日本に作り出していかなければなりません。

「始動 Next Innovator」は、その第一歩。異なる分野から集まった122人は、シリコンバレーを目指すライバルであると同時に、次世代のイノベーションを担う仲間として、新しいことに挑戦するコミュニティを形成することを期待しています。

開始式後の懇談会は、1次選考の選抜者たちの熱気にあふれ、新しいプラン、取り組みについて話し合う声が、夜遅くまでホールに響き続けていました。新プロジェクトは好スタートとなったと思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT