安倍首相「架け橋プロジェクト」の狙いとは?

シリコンバレーと日本をどう結ぶのか

4月30日、スタンフォード大学で講演する安倍首相(写真:ロイター/アフロ)

4月30日、安倍首相は歴代の現役首相として初めてシリコンバレーを訪問。フェイスブック、テスラモーターズのCEOはじめ現地のベンチャー経営者や投資家などと積極的にミーティングを持ちました。スタンフォード大学では、「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」を発表。本稿では、同プロジェクトの目的と内容を説明します。

 安倍首相のシリコンバレー訪問

安倍首相は、米国ワシントンDCでの日米首脳会談や米国議会での演説の後、歴代の首相として初めてシリコンバレーを訪問し、現地の経営者、起業家、投資家、大学関係者などと積極的に会いました。

テスラモーターズ本社で、イーロン・マスクCEOの運転する「モデルS」に試乗、フェイスブック本社を訪問し、マーク・ザッカ―バーグCEOと面談。ツイッターのディック・コストロCEO、ヤフー創業者のジェリー・ヤン氏、スクエアの創業者のジャック・ドーシー氏はじめ、著名なシリコンバレーの経営者とも意見交換をしました。

そして、シリコンバレーの中心であるスタンフォード大学では、ジョン・ヘネシー学長とともに公開シンポジウムに出席し、その冒頭スピーチで日米の起業家、ベンチャー企業、中堅・中小企業のつながりを強化する「シリコンバレーと日本の架け橋プロジェクト」を発表しました。

次ページシリコンバレーと日本の架け橋
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。