英作文が「すらすら書ける」誰でもできる簡単テク 英検でも出題、イチから考えるのは至難の業

拡大
縮小
英検 西岡壱誠 孫辰洋
(漫画:©︎三田紀房/コルク)
ここ数年の大学入試では、英検を取得しているかどうかを重視する大学が増えつつあります。オンライン学習塾のリザプロを運営する孫辰洋氏と、偏差値35から現役東大生社長となった西岡壱誠氏がタッグを組んだ『ドラゴン桜公式 10日で攻略 ドラゴン英検2級』を一部抜粋・再構成し、英検でも出題される英作文のテクニックを紹介します。

まずは使いやすい表現を覚える

みなさんは、英語の試験で出題される英作文の問題は得意ですか? 英検を始め、多くの試験において「ライティングの問題が苦手だ」と嘆く人は、とても多い印象を受けます。日本語で作文を書くのですらも難しいのに、英語で文章を書くとなると、とても難しいと感じる人が多いのは当たり前のことだと言えるでしょう。

では、それに対して、英検に合格した人はどのような対策を取っていたのでしょうか。

多くの人は「0から書くのではなく、使いやすい表現を覚えておいて、それを使い倒す」ということを実践していたようです。

例えば、broaden one’s mind(視野が広がる)という表現があります。「自分の世界が広がって、視界がひらけたような気分になること」を指します。一見普通の表現ですが、この表現を使えば、なんでも答えられます。

「旅行についてどう思いますか? 英語で答えなさい」という英作文の問題があったとしましょう。

これを1から文を考えて答えるのは大変です。ですが、先ほどの「視野が広がる」を使うと、「Travel abroad broadens my mind」(旅行は私の視野を広げてくれます)と書くことができます。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT