「ゴミ屋敷に住むシングルマザー」悩み消えた瞬間 片付けの現場では何が起こっているのか?

✎ 1〜 ✎ 25 ✎ 26 ✎ 27 ✎ 最新
拡大
縮小
依頼者とともにイーブイのスタッフが仕分けする様子(画像:「イーブイ片付けチャンネル」より)
シングルマザーと小学生の娘が住む一軒家の2階は、部屋が3つもあるというのに誰も立ち入ることのない、この家における「禁足地」のような場所になっていた。母も娘も「2階が怖い」と口を揃えて言うのだ。そんな使われなくなった部屋には、どんどんゴミが溜まっていった。
本連載では、さまざまな事情を抱え「ゴミ屋敷」となってしまった家に暮らす人たちの“孤独”と、片付けの先に見いだした“希望”に焦点をあてる。
YouTube「イーブイ片付けチャンネル」で多くの事例を配信するゴミ屋敷・不用品回収の専門業者「イーブイ」(大阪府)がこの一軒家を訪れると、依頼主の母親は人が変わったように不用品を捨て始めた。片付けができない人でも、ひとつのきっかけ次第でゴミ屋敷の生活から脱することができる。
動画:「これを見て勇気を出してほしい」母子2人で困難を乗り越え汚部屋の片付けを決意
この記事の画像を見る(37枚)

2階の部屋に怖くて入れない母と娘

「ゴミ屋敷の住人の中には、“あの部屋がなんとなく怖い、あの部屋にはなんとなく入りたくない”と、あるひとつの部屋を極端に避ける方がいらっしゃいます。中には精神的な病を抱えている方もいらっしゃいますし、霊的なものって証明ができないので、私たちはあまり突っ込まずに片付けるようにしています」

そう話すのはゴミ屋敷・不用品回収の専門業者「イーブイ」社長の二見文直氏だ。イーブイが配信している過去の動画を見ると、今回の依頼主以外にも「あの部屋が怖い」と話すゴミ屋敷の住人は何人かいる。

とくに多いのは屋根裏や2階など階段の先にあるスペースだ。怖くて使わなくなった部屋には自然と不用品が溜まっていき、より一層その部屋を使わなくなる。すると、その部屋に対する負のイメージが脳に植え付けられ、さらに怖さが増していくのかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT