3浪早大「一族から大卒者を」親の期待に抱く葛藤 福岡県の名門高校「修猷館」に進学したが…

✎ 1〜 ✎ 61 ✎ 62 ✎ 63 ✎ 最新
拡大
縮小
濱井正吾 浪人 新橋串揚げの店 夏色
福岡名門高校に進んだ澤木さんだったが…。写真はイメージ。(写真:kapinon / PIXTA)
浪人という選択を取る人が20年前と比べて1/2になっている現在。「浪人してでもこういう大学に行きたい」という人が減っている中で、浪人はどう人を変えるのでしょうか?また、浪人したことによってどんなことが起こるのでしょうか? 自身も9年の浪人生活を経て早稲田大学に合格した経験のある濱井正吾氏が、いろんな浪人経験者にインタビューをし、その道を選んでよかったことや頑張れた理由などを追求していきます。
今回は、福岡の名門・修猷館高等学校から体育教師を目指し、現役で福岡大学体育学部に進学するも、サッカー部のレベルの高さに挫折し中退。その後1日20時間勉強して3浪の年齢で早稲田大学政治経済学部に入学。卒業後、読売新聞社に12年勤め、現在は新橋で串揚げ専門店「新橋串揚げの店 夏色」を経営している澤木祐介さんにお話を伺いました。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

大卒者がいない家庭、親は大学進学を熱望

この連載の一覧はこちら

多くの人が浪人を長引かせる理由はたくさんあります。

モチベーションの低下、自分の学力と比べて偏差値が高すぎる志望校、経済的理由で勉強時間が取れないことなど。

その中の1つとして考えられるものに「親の期待」があります。

今回お話を聞いた澤木祐介さんも、一家に大卒者がいない家庭から大学に進学・卒業することを期待され、一度大学を辞めたにもかかわらず、3浪の年齢でふたたび大学受験をしました。

「父親に才能がないと、諦めてもらうため」に勉強していた彼は、1日20時間もの猛勉強のすえに、1年で偏差値を30上げ、私立大学最難関学部の早稲田大学政治経済学部に合格したのです。

どうして彼は、乗り気ではなかった大学受験を頑張ることができたのでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT