英語上達には、まず基本語彙を丸暗記せよ

「英単語の丸暗記」こそが達人への道

安河内:語彙力は確かに大切です。基本、重要単語から始めるというのも理にかなっていますね。

松村:はい。たとえばblack、bird、large、cry、loud、といった、一般的によく使われる頻出単語をちゃんと覚えていれば、crow(カラス)といった、ちょっと難易度が高い単語を知らなくても大丈夫なんです。

安河内:A large black bird that cries loud.と、カラスのことが説明できるわけですね。

松村:そのとおりです。

重要単語は3000語前後

安河内:言いたいセンテンスをまず日本語で考えて、1語ずつ頭の中で英語に翻訳変換してから英語を口にする日本人って多いですよね。この場合は、的確な単語が見つからないと頭が真っ白になって、英語がすっかり出てこなくなり、沈黙してしまいがちです。言い換えができないんですよね。重要単語の3000語前後がわかっていれば、ビジネスシーンでも最低限のことは、どうにか伝えられるようになるでしょう。

*目前に迫った専門学校生活に備え、純ジャパ松村さんの英語の猛勉強はさらに続きます。続きは6月22日(月)に掲載予定ですので、Please check it out!

(構成:山本航、撮影:宮園厚司)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT