紫式部が友達の人生相談に送る「心が晴れる言葉」 遠方に行くか悩む友達に、どうアドバイス?

拡大
縮小
光る君へ 大河ドラマ
悩みを寄せる友達からの相談に紫式部はどう返答したのでしょうか(写真:NHK公式サイトより引用)
今年の大河ドラマ『光る君へ』は、紫式部が主人公。主役を吉高由里子さんが務めています。今回は紫式部が悩みを打ち明けた友人に送った言葉を紹介します。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

少女時代の紫式部は、好奇心旺盛でした。暴風雨が吹き荒れ、役所や民家を壊すような災害があっても「どのようなことになっているか見てみたい」と外出しようとしていたようです。

また、父・藤原為時と弟の惟規の学問や読書の様子を見聞し、幅広い情報を吸収しようとしていました(物覚えの悪い惟規に業を煮やした為時は、吸収の早い式部に感嘆し、この子が男子であったならと漏らしたほどでした)。

子供の頃からの友人に送った歌

そんな式部の少女時代ですが、家族以外との付き合いもあったようで、『紫式部集』の冒頭にはそれを示すこんな歌が載っています。

「めぐりあひて見しやそれともわかぬ間に雲隠れにし夜半の月かげ」

この和歌には詞書(和歌の前に書かれた短文、歌が詠まれた背景事情を説明する)として「早うより、童友だちなりし人に、年ごろ経て行きあひたるが、ほのかにて、七月十日のほど、月にきほひて帰りにければ」と詠まれています。

「ずっと前から、子供時代から友達だった人に、年月が経って会ったが、面会はほんの少しだけで、7月10日頃の月が入るのと争うようにして、帰ってしまった」との言葉どおり、紫式部にも、われわれと同じように、子供時代には、友達がいたのでした。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT