本名ではない「紫式部」、なぜ紫式部と呼ばれたか 生まれ年や没年すらもいまだ謎に包まれている

拡大
縮小
光る君へ 大河ドラマ
紫式部の由来と生まれ年は?(写真はNHK公式サイトより引用)
今年の大河ドラマ『光る君へ』は、紫式部が主人公。主役を吉高由里子さんが務めています。今回は紫式部の名前と生まれ年の謎を解説します。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。

平安時代中期の作家・紫式部は謎の多い女性です。その生まれ年さえもわからず、これまで、さまざまな説が提示されてきました。

970年や、973年、978年生まれなど、さまざまな説があります。今でも定説はないのが、現状です(ちなみに没年についても複数の説があります)。つまり、多くの人が式部の生没年に迫ろうと努力を重ねてきたのです。

「紫」「式部」どんな意味?

余談になりますが、紫式部というのは本名ではありません。彼女の本名もまた不明なのです。紫式部というのは女房名(宮中での呼び名)なのです。

彼女を式部というのは、父・為時が花山天皇のときに、式部丞を務めていたからでした。式部丞は式部省(人事・儀式・教育全般を担当)の役人です。

では「紫」とは何でしょうか。これも定説はありませんが、『源氏物語』の登場人物「紫の上」に由来するのではとの説もあります。

さて、式部の生まれ年について見ていきましょう。これについて、手がかりになるようなものは残されていないのでしょうか。1010年に書かれた式部の手紙があるのですが、そこには、そのときの式部の年齢を探るうえでのヒントがあるように思います。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT