産後ケアの伝道師、マドレボニータの挑戦

グーグルが期待を寄せる女性支援活動とは?

運動だけでなく、参加者同士が、普段なかなか他人と話すことのないテーマを共有するのも、マドレボニータならではの特徴だ。

①の「産後のボディケア&フィットネス教室」(1クール4回)は、ボールエクササイズによる「有酸素運動」、自分の思いを言葉に出してわかちあう「シェアリング」、そして「セルフケア」で構成されている。

特筆すべきは、体のケアだけでなく、心のケアである「シェアリング」を重視していること。具体的には、参加者同士が「人生」「仕事」「(夫との)パートナーシップ」の3つをテーマにしたコミュニケーションを行っている。

「出産によってこの3つが大きく変化するのに、じっくり話す機会がほとんどない。だから、ひとりでみな悶々と悩んでいる。カウンセラーと1対1で向き合うのはしんどいし、誰もがそうできるわけではない。でも、運動をして汗をかき、首にタオルをまいたような状態だと、自分のことを話すのは“勢い”でできたりする。その場で泣いても癒やされるみたいなグループ効果もある」と吉岡氏。

ここからスピンアウトした活動が、NECの協賛を得て2006年にスタートした「NECワーキングマザーサロン」だ。「母となって働く」をテーマに参加者がともに考え、語り合うワークショップとして確立されており、2014年までの累計参加者は5000人を超えている。 

ITを活用したリモート運営でもパイオニア

マドレボニータ代表、吉岡マコ氏

①の教室、受講者を拡大するうえでカギとなるのが②のインストラクター養成だ。単なるエクササイズだけでなくコミュニケーションワークを取り仕切る役割もあるため、一気に育成することが難しいのが悩ましいところ。しかし、今年は養成コースを1回から2回に増やし、2017年度には30人体制を目指している。

③の活動で今、力を入れようとしているのが“産後うつ予備軍”の調査研究だ。産後のヘルスケアに特化した教室という現場を持つ強みを生かし、「カウンセリングや投薬だけでなく、運動やシェアリング(コミュニケーションワーク)が役に立つことを提言できたら」と吉岡氏は期待する。

これまでもマドレボニータは、グーグルドライブ、グーグルカレンダー、ユーチューブなどをフル活用し、内部の情報共有やトレーニングを進めてきた。事務局スタッフは在宅勤務が基本で、8人中都内在住は3人だけというから驚く。あとは兵庫、奈良、長野、米国と住居地はさまざまだ。ITテクノロジーを活用すれば、働く場所を問わず仕事ができることを実証している。

気になるのはこれからの展開だ。「出生数約100万として、そのうち年間5万人のママが受講できれば、かなりの社会的インパクトを与えることができる。現在、啓発にはリーフレットを活用しているが、アプリを開発し、教室チケットをプレゼントできるような仕組みも考えている。マドレボニータのことをより多くの人に知ってもらい、社会全体で産後のママを支える機運を高めたい」(吉岡氏)。グーグルの助成金を生かし、活動をよりパワーアップすることができるのか。経営手腕にも注目が集まりそうだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT