織田信長の謎に包まれた「女性関係」の不思議 釣った魚には餌をやらない人物だった?

拡大
縮小
(写真:GLP/PIXTA)
戦国大名の織田信長は、有名な割に豊臣秀吉ほど女性関係がどうだったのかあまり知られていない。数少ない史料からわかったこととは――。東京大学史料編纂所の本郷和人教授の著書『愛憎の日本史』より一部抜粋・再構成してお届けします。

実態が謎に包まれている信長の妻たち

有名な戦国大名であればあるほどに、その女性関係は後世に知られているものです。たとえば、武田信玄は何人もの女性と関係を持っていたし、毛利元就は一人の女性を深く愛し、亡くなるまで大切にしました(その後、何人かの側室をもつ)。このように有力大名であればどんな家の娘をそばに置いたかはある程度わかっているのですが、戦国大名として最も有名な織田信長の女性関係については、実はほとんど知られていません。

一般的には冷酷無比なイメージがある織田信長ですが、案外女性に優しいイメージを抱いている方も少なくないでしょう。その最大の理由は、秀吉の妻である北政所、通称・おねへの手紙です。

豊臣秀吉は非常に女遊びが激しい人だったので、おねは信長に秀吉の女癖の悪さを愚痴ったようです。すると、信長は彼女に宛てた手紙で、「あなたはこの間会ったときよりも十倍も二十倍も美しくなった」「秀吉はあなたほどの女性にこの先もう二度と出会うことはないだろう」と、おねの気持ちを解きほぐすような細やかな心遣いを感じる文面をしたためています。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT