新大河「光る君へ」平安&戦なしでも勝算大アリの訳 「異例中の異例」でも期待できるこれだけの要素

拡大
縮小
2024年の大河ドラマ「光る君へ」(NHK総合、日曜20時~)がいよいよスタートします(画像:大河ドラマ「光る君へ」 NHK公式サイトより)

7日夜、2024年の大河ドラマ「光る君へ」(NHK総合、日曜20時~)がスタートします。

番組ホームページの“概要”に書かれているのは、「主人公は紫式部(吉高由里子)。平安時代に、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書き上げた女性。彼女は藤原道長(柄本佑)への思い、そして秘めた情熱とたぐいまれな想像力で、光源氏=光る君のストーリーを紡いでゆく。変わりゆく世を、変わらぬ愛を胸に懸命に生きた女性の物語」。

「主人公が女性の紫式部?」「舞台が平安時代?」、大河ドラマは戦国時代と幕末が多くを占めるだけに「ピンとこない」という人は少なくないでしょう。ただ、その内容を掘り下げて見ていくと、なぜ「光る君へ」が制作され、何が期待できるのかが見えてきます。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT