八王子名物「100円ラーメン」復活させた男の半生 「障害者の就労支援事業」営む会社が、なぜ?

✎ 1〜 ✎ 47 ✎ 48 ✎ 49 ✎ 最新
拡大
縮小
八王子市民なら知らない人はいない「100円ラーメン」が、「100圓ラーメン」として復活した(筆者撮影)
この記事の画像を見る(10枚)
八王子市のソウルフード「100円ラーメン」が、「100圓ラーメン」として復活したことが大きな話題になりました。
復活に導いたのは、地元で障害者を中心とした就労支援事業を営む男性。どのような経緯があったのか、ラーメンライターの井手隊長が取材しました。

東京・八王子市にかつてあった地域のソウルフード「100円ラーメン」が、「100圓ラーメン」として11月26日、市内の複合施設「桑都テラス」内で復活を遂げた。

八王子市内にある障害者雇用に取り組む会社「めだかやドットコム」(青木崇浩社長)が店を運営する。

多くの人のソウルフードだった「100ラン」

(筆者撮影)

「100円ラーメン」はJR西八王子駅近くにあった八王子市民なら知らない人はいないお店(正式名称は『満福亭』)。

通称「100ラン」と呼ばれ、長く愛された。

1970年代から約40年間愛された地域の憩いの場で、創業者が1990年代中盤までお店を続けていたが、その後後継者にバトンタッチしお店は存続。しかし、2011年に閉店している。

次ページみんなで100円を握りしめて…
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT