大人が知らない!?学校給食のグルメな真実

公立もすごい!日本の現場力、ここに極まる

大隈:給食は毎日のことで、どうしても現場は日々の作業に追われ、往々にして楽なほうに流されがちです。だから、遠藤先生が言われるように、「本社が現場を褒めること」と「オープン・アイズ(現場の目を外へ開くこと)」の仕組みの両方が必要だと感じています。

遠藤 功(えんどう・いさお) 早稲田大学ビジネススクール教授、ローランド・ベルガー会長。早稲田大学商学部卒業後、三菱電機、米国系戦略コンサルティング・ファームを経て現職。早稲田大学ビジネススクールでは、経営戦略論、オペレーション戦略論を担当し、現場力の実践的研究を行っている。 また、欧州系最大の戦略コンサルティング・ファームであるローランド・ベルガーの日本法人会長として、経営コンサルティングにも従事。

遠藤:ええ、現場が分散していても、ほかの現場の意欲的な取り組みを共有することができれば、競争意欲は自然と生まれます。一般企業の現場にも同じことがいえますよね。閉じこもりがちな現場の目線を外に向けることによって、現場の持つ潜在的なエネルギーに火がつきます。

大隈:当社も、創意あふれる給食を「褒める仕組み」を導入してからは、ある事業部では事例報告件数が年間19件から484件へと一気に増え、目標の360件を大きく上回りました。

遠藤:もともと、創意工夫する現場力のある会社だったのですね。

大隈:おかげさまで、最近は栄養士や調理師たちの間で、遠藤先生の「見える化」や「現場力」という言葉が流行していますよ(笑)。

遠藤:光栄です。本社が現場に目を向け、現場が工夫した「作品」を発表・共有する場ができたことが、現場力に火をつけているのですね。

「-1」ではなく「+99」に着目する

大隈:それまでの責任者会議は、お客様からのクレームや調理現場のミスを集めて、その対応策を練ることが多かったのです。それが「褒める仕組み」を入れてからは、現場の雰囲気も明るく、前向きになったようです。

遠藤:給食事業を含め、サービス業界ではいまなお「100-1=0」、つまり「ひとつのミスで全部がダメになる」という考え方が主流です。「-1」をなくす努力は大事ですが、同時に「+99」に目を向けることも大切ですね。

大隈:私たちも、以前は「-1」をなくそうとばかり考えていました。でも、それだと、給食をつくる現場では、ギスギスした雰囲気に陥りがちです。

遠藤:「いい仕事」をしている「+99」に目を向け、褒めることによって、結果として「-1」がなくなっていくと思っています。

大隈:先生の考え方のほうが、私も共感できます。本社が現場を褒め始めてから、会議も前向きなものになり、出席率も上がったのですよ(笑)。

遠藤:「-1」にこだわると、どうしてもモグラ叩きになり、むしろ「−1」がいつまでもなくならない。それよりも、「+99」を生み出している現場を褒め、競争力を前向きに高めるほうが、はるかに健康的だし、間違いなく現場は活性化します。世界に誇る給食の会社を、さらにレベルアップさせていってください。

(撮影:田所 千代美)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。