大人が知らない!?学校給食のグルメな真実

公立もすごい!日本の現場力、ここに極まる

「目黒区の区立小学校」のクリスマス給食。イチゴのパイ生地ミルフィーユとクリームシチューがけのカレーピラフ。
『現場力を鍛える』『見える化』などのベストセラーがある遠藤功氏が、昨年11月に出版した現場論「非凡な現場」をつくる論理と実践(東洋経済新報社)が、発売20日で3万部を突破しました。
「日本企業の強さは現場力にある」という視点から、現場力を鍛える仕組みがわかりやすく書かれた1冊で、「私の職場でも応用できるヒントを見つけた」「現場で働くことが楽しくなった」などの声が、読者から多数届いています。
前回に続き、給食事業や介護支援事業などを手がける「ソシオークホールディングス」(以下、ソシオーク)の大隈太嘉志(おおくま・たかし)社長との対談後半を掲載します。
ソシオークの中軸会社である葉隠勇進が、小学校で提供しているグルメなクリスマス給食や、「現場の目を外に向ける」改善活動についても話をうかがいます。

前編 料亭並み!?すごい「病院食」を知っていますか

公立小学校の給食がポーク・ストロガノフ!

33刷15万部のベストセラー&ロングセラー『現場力を鍛える』の衝撃から10年。その後の全エッセンスが詰まった10年間の集大成、ついに発売! 本書を読めば、どの現場も必ず強くなる。現場にかかわるすべての人に、役立つ1冊。

遠藤前回取り上げた病院や介護施設の食事に加えて、ソシオークは学校給食も手掛けています。ある小学校のクリスマス給食の写真を見たとき、驚きました。公立小学校の給食なのに、「カレーピラフのクリームシチューがけ」と「イチゴのパイ生地ミルフィーユ」ですよ。私が昔、食べていた給食とは、隔世の感があります。

大隈:「イチゴのミルフィーユ」は事前にパイ生地の試作を何回も重ねたようで、子どもたちも大喜びでした。

遠藤:学校給食があれほど豪華になっているなんて、私を含め、知らない大人も多いはずです。もはやファミレスも真っ青のレベルですね。

大隈:ほかの学校では、メインは「ポーク・ストロガノフ」、デザートは「チョコレートパフェ」や「ガトーショコラ」「クランベリーとミルクゼリーの二層仕立て」なども、クリスマスメニューとして出していたようです。

遠藤:公立小学校で、ポーク・ストロガノフの給食ですか。それが特別に高い給食費をとるような私立ではなく、普通の公立小学校ですから、驚きですね。

次ページ学校給食は「日本のハイレベルな現場力」の象徴
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT