「奨学金870万円」35歳女性の綱渡りな海外進学 「父の通帳は残高ゼロ」貧乏な家の娘が夢見た結果

✎ 1〜 ✎ 51 ✎ 52 ✎ 53 ✎ 最新
拡大
縮小
川嶋由紀さん(仮名・35歳)は、奨学金と教育ローンをあわせて870万円借り、海外の大学に進んだ女性。裕福ではない家出身の、彼女の現在とは?(写真:keyphoto/PIXTA)
これまでの奨学金に関する報道は、極端に悲劇的な事例が取り上げられがちだった。
たしかに返済を苦にして破産に至る人もいるが、お金という意味で言えば、「授業料の値上がり」「親側におしよせる、可処分所得の減少」「上がらない給料」など、ほかにもさまざまな要素が絡まっており、制度の是非を単体で論ずるのはなかなか難しい。また、「借りない」ことがつねに最適解とは言えず、奨学金によって人生を好転させた人も少なからず存在している。
そこで、本連載では「奨学金を借りたことで、価値観や生き方に起きた変化」という観点で、幅広い当事者に取材。さまざまなライフストーリーを通じ、高校生たちが今後の人生の参考にできるような、リアルな事例を積み重ねていく。

「大学進学するなら、奨学金は確実に活用すべきだと、幼い頃から考えていました。というよりも、奨学金なしでは大学進学はできないのですが、そもそもわたしの中で大学に進む以外の選択肢は存在していませんでした」

今回、話を聞いたのは川嶋由紀さん(仮名・35歳)。関西出身で2人姉妹の長女だ。

父の通帳はしょっちゅう『残高ゼロ』に

川嶋さんの父親は広告カメラマン。彼女が幼い頃はバブル景気ということもあり、単価の高い仕事を多く抱えていた。しかし、物心がつく頃には「うちは貧乏なんだ」と思いながら育ったという。

「父はフィルムカメラ時代のカメラマンで、専属のカメラマンとして会社勤めだった頃は大手企業をクライアントに1回100万円以上の案件を引き受けていました。それが、独立とバブル崩壊、さらに写真もデジタル化したことによって業界全体のギャラが暴落。父の年収も200万円台に落ち込みます。実際、母親から預金通帳を見せてもらいましたが、しょっちゅう『残高ゼロ』でしたね」

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT