「奨学金480万円」借りた男性の「肩身の狭い」恋愛 地方在住で「車なし」、デートは毎回彼女の迎え

印刷
A
A
仕事が続かない両親のもとに生まれ、医療短大進学に際して奨学金を借りた男性。その後、返済は恋愛にも影響を及ぼしていき……(写真:west/GettyImages)
これまでの奨学金に関する報道は、極端に悲劇的な事例が取り上げられがちだった。
たしかに返済を苦にして破産に至る人もいるが、お金という意味で言えば、「授業料の値上がり」「親側におしよせる、可処分所得の減少」「上がらない給料」など、ほかにもさまざまな要素が絡まっており、制度の是非を単体で論ずるのはなかなか難しい。また、「借りない」ことがつねに最適解とは言えず、奨学金によって人生を好転させた人も少なからず存在している。
そこで、本連載では「奨学金を借りたことで、価値観や生き方に起きた変化」という観点で、幅広い当事者に取材。さまざまなライフストーリーを通じ、高校生たちが今後の人生の参考にできるような、リアルな事例を積み重ねていく。

仕事が続かない両親

「うちの父は、よく言えば手広い、悪く言えばひとつの仕事が続かない人でした。害虫駆除や清掃業など、いろんなことをやっていましたが、何をやっても失敗するので、収入がほぼゼロだったこともありました。昔からお金のない、貧乏な家でしたね」

そう語るのは小野修平さん(25歳・仮名)。中国地方の某県にて、理学療法士として働く男性で、お年寄りに好かれそうな、とても優しそうな雰囲気の持ち主だ。

画像をクリックすると本連載の過去記事にジャンプします

父の不安定な仕事ぶりが理由で奨学金を借りることになった小野さんだが、今の職業を目指すきっかけとなったのもまた、父の影響だったという。

「僕が高校生だった頃、父はマッサージ師をしていました。練習のために僕の身体を揉んでいたのですが、的確に自分の身体の凝っているところや、気持ちいいところを指で当てられたんですよ。今思えばそこまででもなかった気もするけど、当時は『うまいな』って思ってて。そんななか、父から『理学療法士という仕事がある』と聞いて自然と憧れるようになったんです」

次ページ教師には反対されたものの…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT