できる子は「目標のおき方」が違っている! 一歩手前でとどまる子、突き抜ける子の違い

印刷
A
A

成功だとか失敗だとか、そのようなことを考えるのではなく、まずはただ「本気で行きたいのかどうか」ということなのです。この信念があるとないとでは、大きな差が出てきます。実際の生徒とのやりとりでは、私は生徒に何度も確認します。どの程度、信念化されているかを確認するのです。目標はただ作ればいいというものではなく、“魂”が入っているかどうかが重要なのです。

続いて次の会話をご覧ください。目標設定の第2条件についてです。

目標は10%増しでちょうどいい

:「よし、わかった。では次に確認をしたいことが、木村君の現状の学力だ。2番手の学校に受かるには入試で80%の点数を取らないといけないけど、それはわかっている?」

木村君:「はい。今、模擬試験では70%まではとれているのであと10%は上げなければなりません」

:「そうだね。しかしここで重要なことを話しておこう。2番手に合格したければ1番手に合格できるよう勉強しなければならないということだ」

木村君:「え! そうなんですか!」

:「80%取ろうと思って勉強すると、どうしてもその手前で終わってしまう。だから1番手に合格する水準の90%取ろうと思って勉強することなんだ。そうすると最低でも80%、平均して85%はとれ、合格することになる」

 

通常、目標設定をしても、なかなかそのラインに到達しません。しかし、周りから見て、目標が達成できているように見える人がいます。そのような人たちは「目標到達のためには、その目標が途中経過になるように設定しなければならない」という原則を、意識・無意識を問わず適用しているのです。これが、目標設定の第2条件です。

100メートル走にたとえると、最高速度で到達するためには、意識の中でゴールを10メートル先の110メートル地点に置かなければなりません。100メートル地点に定めると、どうしてもゴールの手前でゴールを意識しすぎて力が入り、失速するのです(人間の意識とは不思議なものです)。

ですから100メートルは途中地点にします。しかし、あまりにも目標が遠いと、最高速度で通過できないため、だいたい10%から15%増しぐらいにします。

スポーツ大会でも同じことが言えます。3位以内を目指すのであれば、優勝するためのトレーニングをしなければなりません。3位を目指しているうちは、3位にはならないものです。

人間は目標を作ると、どうしてもその目標という「天井」ができてしまうため、その範囲内で何とかしようと努力するので、その「天井」まで至ることができない場合が多いのです。

以上のように、目標設定では、「本気であるのか」という点と「目標は到達すべきラインの1歩先、2歩先で設定する」という2つの条件をクリアしていくと、目標到達の確率がかなり高まります。松下さんは、ぜひ娘さんにこの2点について話をしてあげてください。来春を笑顔で迎えられることを祈っております。

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT