なぜ「ときめきお片づけ」に世界が夢中なのか

「TIME100人」に選ばれたこんまり氏の哲学

こんまり氏の「ときめき整理収納法」の特徴の一つに、「一気に、短期に、完璧に、まずは捨てることを終わらせる」というものがあります。「捨てる or 捨てない」の基準としては、「触った瞬間にときめきを感じるか」というルールを設け、自分の責任によって、目の前の景色をガラリと変えることを目指そうという方向性です。

一方のアンガーマネジメント、これを極める目的は「怒らなければいけないことには上手に怒れ、怒らなくていいことには怒らないようになれること」です。つまりは、怒ること・怒らないことを自分の責任で仕分けし、怒りによる失敗や後悔をなくすことを目指しているのです。

怒りによる失敗の一つに、過去の怒りを持続・成長させ過ぎて、憎しみからの報復措置が事件へとつながり、後悔・自己嫌悪に陥るようなケースがあります。「過去に片をつける」ことは、怒りを建設的パワーに変えること。新たな目標を設定し、それを成就させることで、自己肯定感や成功体験を得られれば、過去の怒りを「遺物」にしてしまえるでしょう。

「捨てること」は「選ぶこと」

このように、部屋の整理も、感情の整理も、家の中の空間と、心の中の空間をそれぞれスッキリさせるという共通点があり、この共通点は、非常にプラス方面に作用するという特徴があるのです。

「捨てる」は「選ぶ」にも置き換えられます。こんまり氏は、ときめくものを残すことを選んでいるわけです。「ときめくモノ=大好きなモノ」に囲まれる生活が「理想的」であれば、私たちの「選ぶ」作業に明確な目的ができ、モチベーションが上がるでしょう。

目的のさらなる明確化のために、こんまり氏は「具体的に理想の暮らしを妄想しよう」と提案しています。たとえば、「視界にモノが入らないホテルのような部屋で」、「お風呂あがりにアロマを炊き」、「クラッシック音楽を聞きながらヨガをして」、「ゆったりとしながら眠りにつく」……といった憧れの生活をイメージするのですね。

さらにこんまり氏は、「なぜ、そんな暮らしをしたいのか」を考えることも推奨しています。「なぜ、アロマを炊いてヨガをしたいのか?」、「なぜ、ゆったりとしながら眠りたいのか?」……こうやって「なぜ」を突き詰めていくと、「捨てる=選ぶ」作業が「自分の幸せ」に繋がるという、単純明快なメリットが顕在化してきます。

アンガーマネジメントにも、幸せな生活を手に入れるための方法論がいくつかあります。たとえば、松岡修造さんの日めくりカレンダーの記事などに書いた「ミラクルデイ・エクササイズ」というテクニック。これは、自分が抱えている問題がすべて解決している理想の日(奇跡の日)をイメージし、その日に向かうためにできることを具体化、実践するためのメソッドでした。

「理想の日々=自分が幸せな日々」の中には、自分や他人の怒りなどに振り回される状況など想定されません。やはり、アンガーマネジメントの有効活用が、理想の暮らしを実現するための武器になることでしょう。

次ページそれでも捨てられない人は、どうすればいい?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング