なぜ「ときめきお片づけ」に世界が夢中なのか

「TIME100人」に選ばれたこんまり氏の哲学

こんまり氏が「捨てる or 捨てない」の分水嶺に「ときめく」という価値観を採用していることは、すでに書いたとおりです。では、「ときめかないけれど、捨てられないモノ」が出てきたら、どうするのでしょう。

この「簡単には捨てられない」という状態、アンガーマネジメントの観点でも厄介な問題です。もともと警戒心が強く、さらに猜疑心(ネタミ)、劣等感(ヒガミ)の感情が増大していく悪いスパイラルに陥りがちな人ほど、「物を捨てられない」という傾向が強いのです。

こういう人にとって、情報とモノの「お片づけ」を効率的・徹底的に行えるようになることは非常に有効です。なぜなら、あまりに多くの情報やモノに囲まれ、周りが見えにくくなっている状況を改善できるからです。

感謝の意を唱えながら、割り切る

「捨てられない」からの脱却策として、こんまり氏は「モノの役割を考えること」を挙げています。たとえば、「買ったばかりだけれど、自分には似合わなかった服」。こうしたケースでは、「私に似合わないタイプの服を教えてくれてありがとう」と、感謝の意を唱えながら、「もう役割を終えたモノ」を捨てることへの躊躇をなくすのです。

「いつか勉強し直すかもしれない」昔のセミナー資料、「いつか来るかもしれない」来客用の布団なども、「そのときが来たら入手すればいいや」程度に考えでいるほうが、すっきりしそうです。数年に1回起きるか起きないかということのために部屋のスペースを塞がれるのは不幸ですし、つきつめれば、これがイライラのもとにもなります。

そうであるなら、「過去への執着をなくしてくれてありがとう」、「未来への不安を減らしてくれてありがとう」と感謝してからゴミ箱へ。部屋と心を整理して、ますます幸せな生活を目指せそうですね。

捨てる判断を繰り返し、大好きなものに囲まれる生活を送ることで、気持ちのいい時間が増えるはず。すると、自分の判断に自信が出てきて、自分のことが好きになると、こんまり氏は説きます。これは、自分の選択力、決断力、行動力が、ひいては人間関係、仕事、暮らし方など多方面につながるからではないでしょうか。

「誰と付き合えばときめくのか?」「どんな仕事をすればときめくのか?」。「怒りやイライラのコントロール」という観点で考えても、自分にとって「ときめかない」人間関係、仕事などは、バッサリ切り捨ててしまう割り切りが必要と言えるでしょう。

アンガーマネジメントは、アメリカから入ってきたトレーニング方法なので、日本の道徳論と異なる選択を是とする場合があります。たとえば、「みんなと仲良くしなければならない」、「与えられた仕事は一生懸命取り組まなければならない」といった考え方は、自分がイライラに押しつぶされないために、廃することも可能です。道徳論に縛られすぎないことも、怒りと上手に付き合うためのコツと言えましょう。

アンガーマネジメントに興味を持たれたかたは、拙著『パワハラ防止のためのアンガーマネジメント入門』(東洋経済新報社)をご高覧ください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。