中国が日本を抜き「自動車輸出トップ」の大激震 ドイツの自動車専門誌「大衆のためのEV」と絶賛

✎ 1〜 ✎ 48 ✎ 49 ✎ 50 ✎ 最新
拡大
縮小
江蘇省連雲港で輸出されるのを待つ大量の自動車。中国は、今年自動車輸出で世界一になる見込みだ(写真:CFotoアフロ)

中国の海外貿易の状況は冴えないが、自動車輸出だけは例外となっている。中国汽車工業協会(CAAM)の統計によれば、2023年上半期における中国の自動車輸出台数は前年同期比75.7%増の214万台だった。

この3年間、自動車輸出台数は年々増加し続けている。2021年の輸出台数は前年同期比2倍の201.5万台、2022年には311.1万台に達した。業界では2023年には400万台の大台を突破するとの予想が広まっている。

中国は日本を超え、世界最大の自動車輸出国になる可能性が高い。ナカニシ自動車産業リサーチの代表アナリストである中西孝樹氏は、「中国自動車企業が国際市場で大きく拡大しているのに対し、日本企業の海外事業は安定的である」との見方を示し、「中国自動車の輸出が日本を超えるのは時間の問題だ」と財新の取材に対して語った。

自動車輸出台数が日本を上回る

両国の自動車工業会のデータによると、2023年第1四半期において、中国と日本はそれぞれ107万台と95.4万台を輸出している。業界では、2023年内に中国の自動車輸出台数が日本を追い抜くとの予想が広まっている。

これは間違いなく歴史的な瞬間になるだろう。自動車は製造業の「宝」であり、産業のサプライチェーンも強い。工業情報化部長の苗圩(ミャオ・ウェイ)氏は最近の非公開会議で、「国際市場の一角を占めることは自動車大国の特徴の一つである」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT