最高級スーツテーラー、「職人の再生」へ挑む

どん底人生を変えたのは10個目の事業だった

「年商がたったの80万円です。事業がまったく回らないので、銀行も貸してくれなくなり、不健全な消費者金融からもおカネを借りる。こうして、借金が雪だるま式に増えていったのです。毎日、妻におにぎり3個と1リットルの麦茶を作ってもらい、オフィスのある恵比寿まで自転車で行く生活。使えるおカネも毎月400円で、牛丼屋で牛丼を食べている人を見ても、なんで自分は食べられないのだろうとイライラしました。そうなると、人はおカネをどう稼ぐかしか考えられなくなってくるんですよね」

生活が苦しく、借金も増える一方

最初は若手アーティストが世に出ていく手助けをしたい、という思いを持って起業した松井さんも、借金が増え生活が苦しくなるにつれ、とにかくおカネのことしか考えられなくなっていきます。そこで事業をやめるという選択肢もあったはずですが、逆に何とかしたいと、さまざまな事業に手を出していくのです。

「会社の状況が苦しくなってから、さまざまな事業に走りました。誰かのためというよりおカネのためです。ペットの写真サービスを始めたり、環境問題が騒がれれば環境のフリーペーパーを作ったり、アイスのジェラートを作っている営業さんと知り合えば、ハーゲンダッツを超えるアイスを作ろうと走ったり。今では、なんであんなことをしていたのだろうと……。考えられないですね」

さまざまな事業に手を出していった結果、気がつけば事業数は9つにもなっていました。しかし、ひとつの事業もうまく行っていない中で、いくつもの事業を始めたところで、会社を立ち直らせるのは難しいのは明らかです。起業当初から一緒に事業を進めてきたメンバーも当然のように、一人、また一人と辞めていき、最後に残ったのは途中から参画してくれていた松井さんの弟・陽介さんでした。

「当初の仲間は皆辞めていきました。逆に、さまざまな事業拡大していたときに弟が入ってきてくれた。兄貴が地元に帰ると輝いて見えると言ってくれたのです。僕ら前世も繋がっていたんじゃないかというくらい、昔から仲が良かった兄弟でした。とてつもない信頼関係があって、一緒にやってきました。弟がいなければ、絶対に今はありません」

支えてくれる妻の存在、そして事業のパートナーとして残ってくれた弟さんの存在は、松井さんの大きな支えになっていました。しかし一方で、9つの事業はいずれもうまく行かず、大きな借金とともにビジネスをたたむのは、時間の問題でした。

人生を変えるきっかけは10個目の事業だった

しかし、こんな最悪の状態で始めた10個目の事業が、松井さんの会社、そして人生を、大きく変えることになります。それは、ふとしたきっかけで、松井さんが自分自身のスーツを仕立てたことから始まります。

「今やっている9つの事業の営業活動のために、自分の営業用のスーツを作ろう、ということになったのです。もうこれが最後、身なりを整えて営業活動をすれば、何かが変わるかもしれないって思いました。しかしこれが、ビジネスを変える偶然の出会いになったのです」

次ページある仕事との出合い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング