惜しい!勉強熱心な人ほどハマる「読書の罠」

その「努力」が結果につながらない3つの理由

もちろん、純粋に流行を理解する、話題にキャッチアップする、という目的で選ぶならばいいでしょう。しかし、そのときのベストセラーが必ずしも、今の自分にとってよい本とは限りません。

そもそも、ベストセラーというものは、内容とは関係ないところでの「書籍マーケティングの巧拙次第」といった側面もあるので、必ずしも質を保証するものではありません。そして、本当によい本だとしても、今の自分の問題意識に合致しているかどうかはまた別問題です。

書店で平積みになっていたり、インターネットで紹介されているのを見ると、誘惑にかられる気持ちはよくわかります。

しかし、一度、冷静に立ち止まって考えてほしいのです。

「この本は、今の自分にとってどのような意味があるのだろうか?」「どうせ読むのであれば、本棚に眠っている別の本のほうがよくはないか?」と。

よく、「ベストセラーよりロングセラーを」ということが言われます。
いわゆる古典的なロングセラーは、見栄えとして新鮮味に欠けるかもしれません。しかし、同時にロングセラーは、多くの批判の目に耐えてきた内容、という事実もあります。

自分にとってのヒットの打率は、間違いなく高まるでしょう。

もし何らかの指標を頼るならば、「瞬間的な売れ行き」に目を奪われるのではなく、「売れている期間の長さ」に着目したほうがいいとも言えます。

落とし穴その2:手に取った本と心中

一度、本を買ったら最初から最後の1ページまで読み切る、という人は、勉強熱心な方ほど多い気がします。

もちろん丁寧に読み切るというのは、決して悪いことではないのですが、たまたま手に取ってしまった「自分に合わない本」に時間をかけて、丁寧に読む必要はまったくありません。

「せっかく買ったのだからもったいない」という気持ちはわかります。しかし、おカネ以上にもったいないのは、「貴重な時間」です。

「この本はキツい」と思ったら、「さっさとあきらめる」「斜めに読んでおく」「大事だと思ったところだけつまんでおく」。そんな感じでいいのです。もし本当によい本なのであれば、その本の意味がわかるようになったタイミングで、また読めばいい。

ライフネット生命の出口治明氏は、著書『本の「使い方」』(角川oneテーマ21)の中で、「はじめの5ページで面白くないと思ったら読まないということをルールとしている」と述べています。

次ページハラッタカネより大事なものは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT