惜しい!勉強熱心な人ほどハマる「読書の罠」

その「努力」が結果につながらない3つの理由

5ページというのはやや極端かもしれませんが、念頭に置いておかなくてはならないのは、「過去に支払ったおカネより、これから過ごす時間の価値のほうが重要だ」ということでしょう。

無理して最初から最後まで、同じ力をかけて読む必要はないのです。

落とし穴その3:読み捨て御免

最後のパターンが、「読んだら読みっぱなし」というものです。

勉強熱心な方は、本を読み終わったら、その達成感を胸にしつつ「さあ、次の新しい本は何にしようか」と、気持ちは次に向かっていきます。大概は、未読の本がたくさんたまっている、いわゆる「積読状態」だから、仕方ないとも言えるでしょう。

しかし、まず確実にしておきたいのは、「一度読んだ本で得たことを、確実に残す」ということです。

その本から得たことは、いったい何だったのか? その本から引用できる文章があるとするならば、それは何か? 本を踏まえて自分が変えるべきポイントがあるとするならば、それは何か?

そういった「問い」を自分に問いかけ、自分なりに答えを出しておくことが何よりも重要です。

たとえば、私が教えているビジネススクールの場では、本当に大事な本は、「読書会形式」でお互いに感想や学び、疑問点などを語り合います。本を読む労力以上に、読んだ後工程のほうを大切にしているのです。

私たちの記憶は、残念ながらそれほど優秀ではありません。もし読書後の消化プロセスを怠ったならば、その本からの学びは1週間も経たずに抜け落ちていくのが関の山です。

勉強会はやや極端な例かもしれませんが、5分でも10分でもいいので、本を振り返る。そして確実に何かを残す。そんなことを繰り返すことが、読書から学びを蓄積していく秘訣です。

以上、3つの落とし穴をご紹介しましたが、最後に最も気をつけたいパターンを紹介しましょう。

それはこの3つの「合併症状」です。

つまり、「フィットしないベストセラーばかりを手に取り」「その本を最初から最後まで頑張って読み」「読んだ後はそのまま放置」というパターン……。お心当たりはないでしょうか?

もし、こういう読書を繰り返しているならば、「読んだ達成感」は確実に得られますが、「学び」は限りなく少ない読書ライフを送ることになるでしょう。

お心当たりのある方、ぜひお気をつけください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT