時代の“先”を読む経済学 日本と世界の潮流をつかむ70の視点 伊藤元重著

時代の“先”を読む経済学 日本と世界の潮流をつかむ70の視点 伊藤元重著

同じ1ドル=80円でも、1995年と2011年ではまったく意味が違う。この15年ほどの間に米国の賃金や原材料コストは40%ほど日本よりも割高になっている。プロが見る実質レートはまだピークの95年よりはそうとうに円安なのだ。

企業が生き残るためには、(1)もっと頑張る、(2)他の企業と違ったことをする、(3)競争相手が消滅するように仕組む、の三つのどれかを徹底的に追求することが必要とされる。期待したいのは、(2)の手法だ。新たな分野で新規需要を切り開く企業が出てほしい。環境・医療など、成長分野は国内にも多くある。

新聞・ニュースから時代の流れを読み解くポイントを著名経済学者が伝授する。

PHPビジネス新書 861円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。