「試験に成功する人」が挫折時にしている3つの事 「頭のいい人」は失敗しても、ただでは転ばない

拡大
縮小
挫折してしまったとき、賢い人はどうやって立ち直るのでしょうか(写真:ABC/PIXTA)
読売新聞社記者などを経て、働きながら独学で司法書士試験、公認会計士試験に合格した石動龍氏による連載「あらゆるスキマ時間で集中学習! 無駄ゼロ独学術」。エンターテインメントコンテンツのポータルサイト「アルファポリス」とのコラボによりお届けする。

挫折はつらい

挫折は誰の人生にとっても避けられないものです。

私も人生において何度も苦しい思いを経験しています。

部活での敗北、大学入試の失敗、失恋、格闘技の引退、資格試験の不合格など、小さいものから大きいものまで、いくつもの失敗が頭によみがえります。

アルファポリスビジネス(運営:アルファポリス)の提供記事です

犠牲を払い、魂を込めて取り組んだのに成果を出せなかったときのショックは、二度と味わいたくないと思うほどつらいものです。

私の場合、苦しかった失敗として思い浮かぶのは、一度目の司法書士試験に不合格だった経験です。当時、上場企業の経理部で働いていた私は、「サラリーマンを辞めたい」と強く思っていました。

辞めたかった理由はいくつかありますが、一つ目は、もともと集団行動があまり好きではなく、誰かが決めたことに従いたくないと思っていたからです。サラリーマンであれば、会社の方針や上司の方針に従って働くことが求められます。ごく当たり前のことですが、一人で考えて行動することが好きな私には合いませんでした。

振り返っても自分勝手としか思えないものの、当時はいつか独立することが勉強の大きなモチベーションになっていました。

次ページ失敗したときこそ見直しのチャンス
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT